月別にアーカイブを選択すると、その月の記事の一覧がサムネイルで閲覧できます。

博士論文の研究テーマは、この研究をしなければ、生きてはいけない、死にきれないと思うほどの研究テーマを持つべきだそうです。

博士論文の研究テーマは、なぜ博士課程に進学したのか、何の研究をしたかったのか、この創学の理念です。 博士課程に進学した時、こんな研究をしようと思ったことが、創学の理念です。 大阪市立大学大学院の博士ゼ... 

客員研究員は、自分自身の研究も進めなければなりません。査読付き投稿論文として、学会誌に投稿することです。

博士論文を目指していたときは、明石芳彦先生が指摘する一言一句を、メモ書きをしながら、尋ねられた箇所について説明をしないといけないので、頭の中はフル回転していました。 大阪市立大学大学院の、博士ゼミがあ... 

大阪市立大学大学院 創造都市研究科 事業創造博士

大阪市立大学大学院 創造都市研究科 事業創造領域 博士課程には、2名の新入生が入学しました。 大阪市立大学大学院創造都市研究科 事業創造領域 博士課程の7月末までの前期の発表の予定日が決まりました。 ... 

30代・40代・50代に男がしておくこと、プレジデントに鈴木健二さんが言っていた事と似たような事が掲載されています。

30代・40代・50代に男がしておくことは、今も昔も、仕事、趣味、結婚、子育て、家を建てる、収入を増やす、教育、中には独立、資産形成などです。 30代・40代・50代に男がしておくことは、将来を予測し... 

何を話そうかと、明石芳彦先生は、大阪市立大学大学院の博士ゼミでは、査読論文の書き方の指導の話がありました。

何を話そうかと、明石芳彦先生が選んだのは、論文構成の具体的事例を書いたペーパーを参考に、論文構成の話をお聞きしました。 何を話そうか、社員や取引先の皆さんに何を話そうかと、12月に入ると社長さんはとて... 

査読論文を書くには、何度も何度も指導教授から指導を受けます。博士論文を書く為には、査読付論文を採択される事が必須条件です。

大阪市立大学大学院:さんプラザコンタクトレンズに増井麻依子さんが来られました。 大阪市立大学大学院の博士ゼミは、毎週月曜日ですが、その前に、同期の増井麻依子さんがさんプラザコンタクトレンズに来られまし... 

大阪市立大学と言えば、松葉博雄が客員研究員をしている社会人大学院です。うめだ阪急百貨店のウィンドウは、すっかりクリスマスモードです。

梅田の阪急百貨店はもうすっかりクリスマスムードです。どこもクリスマスの飾り付けで明るい雰囲気が出ています。 大阪市立大学と言えば、松葉博雄が客員研究員をしている社会人大学院です。仕事を終えて、街に明か...