社長メッセージ:東日本大地震へのお見舞い

社長メッセージです。東日本大地震へのお見舞い のメッセージです。

社長メッセージです。2011年3月11日(金)に発生した東日本大地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、 被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞いを申し上げます。

各地では、まだ余震も頻繁に起き、安心できない状況が続いておりますが、 一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

東日本大震災において、松葉博雄を始め、阪神淡路大震災の罹災者は、東日本大震災の被災者ではありません。しかし、やはり阪神淡路大震災の被災した経験を思い出さざるを得ません。

神戸より、16年前の阪神淡路大震災で、個人の生活と、会社の復興経験から、東日本の皆様に、個人としての松葉博雄と、さんプラザコンタクトレンズから、日本赤十字社を通して、これからの復興に必要な支援を、小さいかもしれませんが、させて頂くようにしています。

阪神淡路大震災復興物語を読み返しながら、気持ちが沈んだ時に、どのように気持ちを高めるか、改めて、応援の気持ちを高めたいと思います。

被災者の皆様に、1日でも早く笑顔が戻りますよう、心よりお祈りしてお見舞いとさせていただきます。

株式会社さんプラザコンタクトレンズ
代表取締役社長 松葉博雄

阪神淡路大震災 復興物語を読む