農事組合法人うるま農場 焼肉仙蔵 平良聰社長さんは、金丸建設、アラヤ、美原ゴルフレンジ、三和などを経営しています 第174回沖縄訪問記(7)

投稿No:8357

うるま農場焼肉仙蔵は、お客様が毎年増えています。 第174回沖縄起(7)

うるま農場 焼肉 仙蔵(せんぞう)

うるま市の闘牛場がある近くのうるま農場 焼肉仙蔵で焼肉を頂きます。

毎年夏に焼肉仙蔵に来ています。

うるま農場にはお馬さんのポニーがいるので、子供には人気があります。

 うるま農場 焼肉仙蔵には、来るたびにお客様が増えていることに気が付きます。

子供たちの楽しみは、うるま農場で飼っている、ポニーを見ることです。

ポニーには、安倍内閣の進める働き方改革が始まる以前から、働き手のポニーたちは、夕方5時で見学は終了しています。

ポニーさんたちも勤務は、残業なしの5時までです。

5時になると一般の来客者は、厩舎に入れないように鍵がかかっていました。

窓から覗いてみると、ポニーたちは仕事を終えて、のんびりしていました。

うるま農場 焼肉仙蔵で焼肉を食べる

焼肉仙蔵では、本格和牛を七輪で頂けます。

厳選した和牛をメインに、バラエティに富んだ本格派のメニューが用意されています。

一品メニューも、こだわり抜いた味になっているようです。 

と言っても、日本各地の焼肉と比べるのか、沖縄本島の焼肉と比べるのかで水準は変わってきます。

うるま農場 焼肉仙蔵に賑わいが出てる

スタッフの顔を見ると、昨年のメンバーと変わっていないように見えました。

スタッフが続くことは、良いことです。

お客様が増えている原因はなんでしょうか?

焼肉店なので、まずは、お肉が安くて美味しいことです。

塩タンを食べてみると、そのお店のお肉の水準が推測できます。

塩タンの切り方が、厚いか薄いかでも分かります。

塩タンのお肉の色でも分かります。

レベルが高いのは、薄く切って、新鮮な赤身があって、柔らかいことです。

うるま農場 焼肉仙蔵には産地、登録番号の表示

お店の入り口には、焼肉仙蔵で使っている、今日の牛肉の産地と、牛の登録番号が肉の種類ごとに表示されていました。

この番号を見たからといって、素人ではその意味が分かりませんが、表示していること自体が、お肉の仕入れに対する自信を表しているものだと思います。

お肉の種類には、特上、上、並の三種類がありました。

特上のお肉を食べてみると、確かに違います。

焼肉を食べた翌日は、顔に油が浮いてくるほど、焼肉効果があれば、焼肉を食べた事に納得ができます。

今夜は、食べきれるかなと思うほど注文しましたが、ゆっくり食べたので、完食でした。

子供たちが喜んでいるのは、ジェラートです。

2017年8月の思い出

駐車場に車を置いて中に入っていくと、ポニーが何頭も飼われていました。

これは、琉球の在来馬です。うるま農場の小馬は、沖縄在来種の馬で、与那国島に残っている在来種です。

この沖縄在来種の馬は、昨年の2016年に鹿児島の指宿に行ったとき、開聞山麓自然公園に飼われていた、トカラ島の在来種より、もっと小型のように見えました。

思い出したのは、神戸の六甲山で見た沖縄の在来種の与那国馬です。

この与那国馬に、引き馬をして乗せてもらうことができます。1回500円です。

孫たちをこの馬に乗せてあげられたら、きっと大喜びしそうです。

馬のおやつの野菜は、1カップ100円でした。

うるま農場 マンゴーの果樹園

うるま農場の中には、マンゴーの果樹園があり、屋根がある温室で、マンゴーが栽培されています。

マンゴーは雨水に当たると実が落ちるので、屋根をつけています。

マンゴーは贈答用のマンゴーもありますが、規格外マンゴーも展示販売されています。

規格外のマンゴーだと、かなり安くなります。

マンゴーの選果場では、キーツマンゴーが別の箱に入れられていました。

特に大きなキーツマンゴーです。

うるま農場 チョウチョ園

チョウチョを飼育しているチョウチョ園に入っていきます。

焼肉仙蔵の入り口ちから入れます。入場料は400円です。

ケージの中にはチョウチョが飛び交っています。

案内の女性の方が色々説明してくれました。

蝶々は1年中飛び交っているそうですが、蝶々の寿命はおよそ2週間程度だそうです。

チョウチョは、植物の葉の裏に卵を植え付けて、そして消えていきます。

卵は、何日かたったら孵化してサナギになります。

サナギを集めて吊しています。

温室のようなケージなので中はとても暑い温度ですが、それでも外よりはやや涼しい感じがしました。

こちらはオオゴマダラの幼虫です。

虫になると葉っぱを食べさせます。

蚕のような育て方です。

次は、ヤギを見に行きます。

ヤギがたくさん飼育されています。

可愛い子ヤギが寄ってきました。

山羊は山羊汁に、沖縄では重宝されています。

うるま農場 平良聰社長さん

平良聰さんは、有限会社金丸建設、有限会社アラヤ、美原ゴルフレンジ、有限会社三和、農事組合法人うるま農場など、いくつもの会社を経営しています。

本業はといえば建設会社の社長さんです。

写真中央の方です。

右は、恩納村 村会議員の糸数昭さんです。

平良聰社長さんと糸数昭さんに、焼肉を食べながら色々質問しました。

まとめ

農事組合法人うるま農場 焼肉仙蔵 平良聰社長さんは、金丸建設、アラヤ、美原ゴルフレンジ、三和などを経営している事業家です。

うるま農場は、マンゴー園、ポニー牧場、ちょうちょ園、焼き肉店等の複合的な事業構成になっています。

それぞれが、互いに補完し合って、顧客満足を提供できていました。

沖縄焼肉 関連記事 アーカイブ

2019年8月12日(月)


←前へ:第163回沖縄(3)

→次へ:第163回沖縄(5)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください