シェラトン沖縄 サンマリーナリゾート プールとビーチ遊び 第174回沖縄訪問記(4)

投稿No:8354

シェラトン沖縄 サンマリーナリゾート 高級リゾートホテルは、お盆料金になっていても、満室状態です。 

シェラトン沖縄 サンマリーナリゾート(Sheraton Okinawa Sunmarina Resort)

シェラトン沖縄 サンマリーナリゾートは、以前はJALが経営していたホテルです。

今は名前が変わり、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートになっています。

孫のU君たちの家族は、昨年はムーンビーチホテルでしたが、今年はシェラトン沖縄サンマリーナリゾートになりました。

シェラトンに経営が変わって、サンマリーナホテルは活気づいています。

富裕層にターゲットを絞って、大幅に設備を変えています。

JALが経営していた時代を知っているので、比較してみても、今回のリニューアルは作戦成功のように思えます。

お盆の時期に恩納村の高級リゾートホテルの宿泊料金は一泊、一部屋

10万円ほどになります。

それが、満杯になっているのですから、経営の転換は大成功です。

シェラトン沖縄 サンマリーナリゾートの野外設備

サンマリーナリゾートを泊まるだけの目的にしないで、家族連れでも夏なら付帯設備を充実して、野外で楽しめるようにレジャーランド化しています。

その一つは、大きなプールを作ったことです。

プールには水が流れる滑り台を二つ作っています。

一つは、長いコースで、もう一つは短いコースです。

長いコースの滑り台は順番待ちの行列が出来ていますが、短いコースの滑り台なら、すぐに順番が回ってきます。

U君とMちゃんは、この滑り台で大喜びです。

私もプールに入って、二人が溺れないように、側で見守っていました。

コースロープが張られた競泳用のプールと違って、レジャープールは皆さんが思うような方向に泳ぐので、沢山の人だとぶつかりそうです。

シェラトン沖縄 サンマリーナリゾートのビーチ

真水のプールで泳いだ後は、プールに続くビーチに行って、海水にも浸かりました。

プールよりも、海の方が事故が起きやすいので、しっかり子供達を見守る必要があります。

これまでの経験では、子供が危うく溺れてしまう経験を二度しています。

いずれも、私が早く気がついて、すぐに救い出したので助かりました。

ホテルのビーチは安全第一なので、水深の深い所には行かないようにガードされています。

浅い所でも溺れないように、二人の子供には、浮き輪をつけています。

シェラトン沖縄 サンマリーナリゾートのビーチで砂遊び

ひと泳ぎすると、ビーチで砂遊びです。

U君もMちゃんも砂遊びが面白くて、たまらないようです。

砂で池を作り、海水をコップで汲んできては、作った池に海水を入れていますが、すぐに水は砂にしみこんでなくなります。

それをまた、コップを使って海水を汲んできては、作った池に海水を入れています。

大人の考えでは、こんなことをしても無駄だとわかっていても、幼児の遊びとしては、これでいいようです。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートのビーチで監視役

二人の孫たちの監視役が私の任務なので、泳ぎとしては物足りないビーチですが、孫が溺れてしまったら大変なので、目を離せません。

ビーチは穏やかで、海も波のない平穏な海でした。

ただし、シュノーケルで水中を覗いてみても、熱帯魚は見られません。

魚を見ようと思えば、もっと深いところで、もっと遠くに行く必要があります。

まとめ

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートで水遊びです。

プールやビーチで、いきなり長時間、直射日光に当たって日光浴をすれば、日焼けで肌は炎症を起こしてしまいます。

火傷をしたように皮膚が焼けてしまわないように、長時間水遊びを避けて、熱中症にも気をつけました。

【サンマリーナホテル 関連記事】

2019年8月11日(日)


←前へ:第174回沖縄(3)

→次へ:第174回沖縄(5)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください