恩納村産の果物 おんなの駅で大人気 第174回沖縄訪問記(3)

投稿No:8351

恩納村産の果物 第174回沖縄訪問記(3)

恩納村産の果物

恩納村(おんなそん)は西海岸に面していて、マリンリゾートの印象が深いのですが、海ばかりではありません。農業にも力を入れている地域です。

観光客がたくさん訪れる夏休みのころ、おんなの駅には、恩納村産の果物が並んでいます。

恩納村産の果物 マンゴー

キーツマンゴーは、見た目の大きさが、普通のマンゴーの3倍ほどある大きなサイズのマンゴーです。

値段も、普通のマンゴーより2倍ほど高くなっています。

収穫期が短く、大玉で生産量が少ない貴重な追熱型マンゴーです。

収穫時は果実に白いくもりがあり、果実も硬いので食べられません。

食べごろは、白い粉(くもり)が取れて、表皮に照りがでます。

頭口(切り口)にシワがより、表皮の感触が柔らかくなり、香りも出たら食べごろです。

恩納村産の果物 パイナップル

沖縄のパインアップルといえば、東村が有名ですが、恩納村でもパインアップルは栽培されています。

ゴールドバレルという生産数の少ない希少なパインがありました。

ゴールドバレルは、沖縄本島北部にある東村で主に栽培されている、比較的新しい品種のパイナップルです。

なぜ、この「ゴールドパイナップル」が今話題になっているのか・・・理由は、やはり通常のパイナップルよりも飛びぬけた「甘さ」通常のパイナップルよりも飛び抜けた「甘さ」があるからなんだそうです。

ゴールドバレルという名前は、ゴールドパイナップルのフォルムから名づけられています。

ゴールドバレルはほかのパイナップルに比べると大きく、重さが1.5kg~2kgほどあると言われています。

その大きなパイナップルが樽のような形をしている事から、樽(Barrel)、果肉の色がゴールド(Gold)のような綺麗な黄色をしていることから、ゴールドバレルと名づけられました。

恩納村産の果物 パッションフルーツ

人気の果物は、パッションフルーツです。

甘い香りは、部屋に置いておくと芳香剤の役目をしてくれるほどの、癒しの香りです。

おんなの駅

贈答用のパッションフルーツなら、10個入りで1200円です。

おんなの駅

それでも品薄で、すぐに売れてしまっていました。

恩納村産 リゾートの風

恩納村へ旅行客は、どんどん増えています。

皆さんリゾートの風に魅了されているようです。

観光客が増えてくると、新しいホテルが次々に建てられています。

ホテルを建てるのは、広大な土地が必要になります。

ホテルの従業員用の宿舎や、寮の建設もあって、土地価格が上がっています。

恩納村の土地価格が上がると、良い面は、資産価値の膨張があります。

地主には、うれしいことのようですが、固定資産税の評価が上がると、増税になってしまします。

生活用の土地を買うにも、以前の価格では買えません。これは悪い面です。

まとめ

恩納村のリゾート評価が上がって、観光客が増えてきています。

観光客の消費用やお土産用に、恩納村産の果物の人気が高まっています。

人気が高いのは、パッションフルーツ、マンゴー、パイナップルなどです。

熟れるから、農業に弾みがつく、そして美味しい果物ができて、さらに評判が高まる、といった良循環になっています。

おんなの駅 関連記事 アーカイブ

2019年8月9日(金)


←前へ:第174回沖縄(2)

→次へ:第174回沖縄(4)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください