沖縄恩納村前兼久のお盆の送り火は、自宅の仏壇の前で、あの世で使えるお札「うちかび」を焼いて、食べ物も託して、さとうきびを杖に使って、またあの世にお見送りしました 第112回沖縄訪問(17)

沖縄恩納村前兼久のお盆の送り火は、自宅の仏壇の前で、あの世で使えるお札「うちかび」を焼いて、食べ物も託して、さとうきびを杖に使って、またあの世にお見送りしました。

【沖縄恩納村の4大行事は、お正月・清明祭・ハーリー祭・旧盆のエイサー祭です。お盆はウンケー・ナカヌヒ・ウークイと3日続きます 第112回沖縄訪問 その17】

金城家のお仏壇ではお餅が備えられ、最後の供養がされます。

***

皆さん、3本ずつ線香を持って、線香を頭の上に置いて、お祈りをします。
その後、代表の方が線香を集めて、仏壇に線香を置きます。

***

鍋を持ってきて、鍋に水を張り、これからお金をあの世に送るための準備をします。

***

あの世に行ってもお金に不自由しないように、「うちかび」という紙幣を真似た紙を焼くのです。
男の子2人は今日の疲れで、ぐっすり寝てしまっています。

***

仏壇に供えたものも、少し取り出して、仏様と一緒にお送りします。あの世に行って、食べ物に困らないようにするためです。
お酒も入れましょう。ご飯も入れましょう。
金城正浩さんは、孫たちがまだ幼いので、こういう沖縄の風習が途絶えないように、孫たちに「おじいちゃん、おばあちゃんはあの世に帰って行くんだよ」というような、分かりやすい言葉で、今していることを説明しています。

***

子どもたちも最前列で、大人の作法をずっと見守っています。

***

お部屋の中であの世で使えるお札を焼くのですから、煙が出ます。
子どもたちは「煙たくて目が痛い」と言っています。

***

今は、印刷した紙を売っていますが、昔は、厚紙に自分たちで型押しをして、お金のようなお札を作ったそうです。
紙の紙幣が焼けると、次は食べ物を入れていきます。少量で、たくさんの品数になるようにします。

***

仏壇の両脇に支えられた刷毛のようなものを取り出して、これで子どもの病気のお祓いをします。
今何か病気があったら、これでさすってもらうと、病気が飛んでいくという言い伝えです。

***

怪我をしたところや、何かブツブツなどがあったら、そこを撫でてもらいます。
松葉博雄は「養毛剤になりませんか?」と金城正浩さんにお願いしてみましたが、養毛剤にはならないそうです。

***

さとうきびは、これからご先祖様があの世に帰るための杖に使います。
天秤棒にして、荷物を持っていくという意味もあるそうです。家の境界の玄関のところに、先程使った物をお供えして、御神酒を皆さんで頂いて、さようならをします。
ちょうど12時間近になってきました。月をみれば、満月です。あの月を目指して、ご先祖様たちは旅立って行っているのでしょうか?

***

松葉博雄が持って来たカステラをお下がりに切って、皆さんで頂きます。

***

松葉博雄の明日の朝用の食事のお弁当まで用意してくれました。
折り詰めをもらって帰ります。前兼久の集落をずっとホテルに向かって帰っていると、登川喜永さんのお家に人がたくさんいるので、つい立ち止まってみると、登川喜永さんがいました。ちょっと声を掛けてみます。

***

登川喜永さんが「おいで」と言うので、お家に入っていきます。見かけない若い女性が2人いました。

***

「どなたでしょうか?」とお聞きすると、名古屋の方から遊びに来た人だそうです。
「ご親戚ですか?」と聞くと、まったく違うそうです。
ここに来ているダイビングの社長さんがお客さんを連れて来たということです。ダイビングの社長さんも、登川喜永さんとはあまり関係がないようです。

***
登川喜永さんの奥さんもすぐ側にいたので、いつもお世話になっている話をしました。長男さんもいました、長男さんは、松葉博雄がいつも沖縄訪問のハガキを出していることをよくご存じでした。
ゆっくりとホテルに帰って、ホテルに着いたのは、12時を少しまわったころです。今日も楽しい1日でした。

2009年9月3日(木)

 

コメントを残す