「新都心ラーメン・みんみん」で豚骨ラーメンを頂きます 第111回沖縄訪問(2)

那覇市おもろまちの免税店を探して、豊見城のアウトレットのお店に間違って着きました。一昨日開店したばかりの「新都心ラーメン・みんみん」で豚骨ラーメンを頂きます。オーナーさんから、アドバイスを求められました。
【沖縄恩納村の真夏の太陽は、フライパンの鉄板のように、暑さがジワジワと伝わってきます 第111回沖縄訪問 その2】

カーナビに、那覇市おもろまちの免税店をセットして、カーナビの言う通りに着いて行っていると、とんでもない所に来てしまいました。アウトレットのお店です。

那覇市おもろまちの免税店

豊見城にあるアウトレットのお店は、2008年11月の朝日会のバスツアーで来たことがあります。間違いであることに気が付いて、もう一度、おもろまちの免税店にカーナビをセットし直しです。何とか、アウトレットから免税店の店に着きました。

那覇市おもろまちの免税店

エスカレータに乗って上に上がって、目指す店で、頼まれたことを済ませます。この後、チラッと見ては、気になる店を見て周り、いくつかの買い物をしました。

那覇市おもろまちの免税店

ポイントカードを作るとポイントが貯まり、その特典の仕組みにはまって、買い物をしてしまうこともあります。

那覇市おもろまちの免税店

この免税店で買った商品は、ノータックスなので、このお店からすぐに持ち出しは出来ません。

那覇市おもろまちの免税店

神戸に帰る便の搭乗間際に、飛行場の中の免税店のお店で商品を受け取ることになります。この辺は、海外旅行に行った時のような仕組みです。

POLOの店で子供服がありました。ガールズとボーイズがあります。それぞれ、1歳未満や1歳、2歳、3歳の服を置いています。思わず、「かわいいなぁ」と思ってしまいます。

那覇市おもろまちの免税店

所々、コーナーに休憩所がありますが、休憩をしている人のほとんどは、おじさんや子どもです。

那覇市おもろまちの免税店

お母さん、お姉さんたちは、疲れも見せずにお店を周っていますが、お父さんや子どもたちは疲れてしまっています。松葉博雄も疲れて、角のソファーに座って、しばらく休憩です。

新都心ラーメン みんみん

免税店を出た後は、食事に行きます。マリンビューに行く前に、腹ごしらえです。まだお昼ご飯を食べていないのに、4時になっていました。

新都心ラーメン みんみん

ちょうど近くに、「新都心ラーメン みんみん」というお店があり、車を停めるところもあったので、そこに車を停めて、ラーメンを頂きます。

新都心ラーメン みんみん

なんだか雰囲気がヘンです。一昨日オープンしたばかりです。床がツルツルして、シューズで歩いていると、滑りそうな程の大変な油の塗り方です。

新都心ラーメン みんみん

開店したばかりなので、今、ラーメンを注文すると、サラダ・ライス・カレーが食べ放題です。

新都心ラーメン みんみん

注文は、豚骨ラーメンです。「熱いので気をつけてください」と言われました。お店のオーナーさんと会話していると、「何か気が付いたことがあれば、アドバイスしてください」と言われ、①床が滑りそうで危ない、②豚骨スープの特徴が曖昧、③カレーも付けると、漬け物も付けると、結果的にラーメン価格を高くしていると、このようにアドバイスしました。

新都心ラーメン みんみん

「新都心ラーメン みんみん」で食事を済ませた後、これから、恩納村のホテルに向かいます。

新都心ラーメン みんみん

ホテルにチェックインします。今日、8月8日(土)の恩納村のお天気は、時々雨です。風は南東の風、波は6メートルです。波が高いので、ちょっと外海には出られません。

新都心ラーメン みんみん

今夜は、満月なので、大潮となります。だんだん海面が上がって、普段、海水のないところまで徐々に水位が増しています。

新都心ラーメン みんみん

朝日会

朝日会では、冨着信常さんが、家にあったマグロの頭を持って来てくれて、これを塩茹でしています。

さらに、冨着信常さんが、海で潜って収穫したナマコを6時間鍋で煮込んで、ナマコの味噌和えを作ったそうで、それを朝日会に持って来てくれています。

圧力鍋で煮ると、6時間も掛からなく、もっと早く出来ますが、冨着信常さんにはこだわりがあって、圧力鍋では味が変わるという考えです。6時間もかけて鍋で煮込んで作っています。

朝日会

8月の芝生は綺麗です。雨に水をたっぷりと供給され、芝生は息づいています。

朝日会

目の前にあるゴルフボールを見て、松葉博雄は少しでもゴルフの練習をしようと思う気持ちになりました。

短い距離なので、アプローチ、ピッチングの練習となりますが、ちょっとやってみます。

朝日会

後ろからは、朝日会のメンバーが面白そうに見ているので、たくさんの論評に答えるだけのショットをしなければ笑われますが、そんなことは出来るとは限りません。

後ろからの笑い声を背景に、黙々と練習をしていますが、それも理論に沿ったものではありません。

冨着信常さんが作ってくれたマグロの頭の煮込みを頂きながら、しばらく夕暮れ時の団欒です。今日の会話は、隣にいる山城興善さん、石川善忠さん、金城正則さんたちと話しています。斉藤さんも一緒です。

朝日会

興味がある話は、役所に届けた名前、住所、その他のことを、いったん役所が受領した後は、後から間違っていたと気が付いて、それを修正してもらうには、とても大変な努力がいるという話でした。

斉藤さんも、山城興善さんも間違えられた経験があり、公式文書記録を替えるためには、大変な努力をしたという話になりました。

松葉博雄も、免許証の書き換えの時に、間違えていることに気が付いて、それを直してもらうために、自分自身が「ここが間違っている」という証明するという努力をした経験があります。公式文書が正しくて、自分が間違っていたという前提になります。

朝日会

少しの物音に異変が気が付いたのが、金城正則さんです。「ここがおかしい」と思ったのは、朝日会のブロックの角に、オカガニが潜んでいて、周りの様子をうかがっているのです。

カニがいるなんて、気が付きませんでした。このカニは少しヘンです。何か付いています。

そろそろ朝日会を切上げて、金城家に向かう時間になりました。


大きな地図で見る

 

 

2009年8月8日(土)

コメントを残す