森トラストが経営する 恩納村の沖縄サンマリーナホテル

投稿No:8264

森トラストが経営権を取得して、沖縄サンマリーナホテルは海外のリゾート風に変わっていました。 第173回沖縄訪問(7)

沖縄サンマリーナホテルの下見

U君達家族が沖縄で夏休みを過ごすには、どこのホテルに泊まればいいか、子供達には充実しているか、下見に来ています。

ここは、以前、JALが経営していたサンマリーナホテルです。

2016年12月28日に、瀬底島や伊良部島にてホテル展開を予定している森ト

ラストが同ホテルと運営会社「サンマリーナ・オペレーションズ株式会社」

を取得しています。

沖縄サンマリーナホテルは森トラストが買収

日本航空の経営の時代には経営不振に陥り、ホテルは森トラストが買って、

シェラトンホテルと共同運営して名前は、シェラトン沖縄サンマリーナリ

ゾートホテルになりました。

沖縄タイムス 2017年1月5日 付記事によれば、

森トラスト(東京都、伊達美和子社長)は4日、恩納村冨着の「シェラトン

沖縄サンマリーナリゾート」の土地の過半と建物、運営権を昨年12月28

日付で取得したと発表しました。

運営権については、イシン・ホテルズ・グループ(東京、マイケル・ニギッ

チ社長)傘下にあった「サンマリーナ・オペレーションズ」を子会社化しました。

森トラストグループが沖縄県内でホテルを運営するのは初めてで、全国では

19軒目です。ホテル名は変更しない予定です。 

今回、恩納村で所有権と賃借権を取得した土地は計約8万2775平方メートルです。

取得した建物は、約200室の既存ホテル棟と昨年12月に完成した約46室の新ホテル棟です。

ことし1月中には屋内プールやスパを備えたウェルネスセンター、3月には

オーシャンビューのチャペルを敷地内にオープンさせる予定です。 

すべての建物を合わせた延べ床面積は約2万9242平方メートルです。

 森トラストは県内で2軒のホテル建設計画を進めており、宮古島市伊良部

島に昨年1月取得した土地7338平方メートルには、19年にも世界レベ

ルのラグジュアリーホテルをオープンさせる予定です。

15年12月に取得した本部町瀬底島の土地33万5131平方メートルで

は、20年ごろに滞在型リゾートホテルをオープンさせる予定です。

どちらもホテルのブランド名や運営方式は検討中です。以上沖縄タイムス

浜辺はリゾート風に

外観もホテル内部もリニューアルされて、まるでこれまでとは違う、
新しいホテルのように生まれ変わっています。

下見の目的は、子供達にとって、楽しく遊べる施設があるかどうかです。

浜辺に行ってみると、シェラトンが経営しているような、なんとなくハワイ

かグアムのような、リゾートホテルに変わっていました。

経営が変わると、こんなにも雰囲気が変わるのかと驚くほどです。

浜辺の売店では、軽食を扱っていましたが、軽食の値段は、ホテルの中で食

べる値段に負けないような、サービス料をしっかり上乗せした値段でした。

奧さんと納得したのは、ここなら子供達が安心して海で泳げる、海で遊べる

ように、監視体制が確りしていることです。

水泳に自信がある大人にとっては、保護されすぎたビーチは物足りないかも

しれませんが、幼児や子供達が海辺で遊ぶ為には、事故が起きないように

しっかりとしたセキュリティが求められます。

淡水プールもありました

ビーチのすぐ側には、淡水プールもありました。

ここなら、塩水で辛い思いをしなくても、真水で泳げます。

5月の初めなので、海水浴客はまだ僅かですが、8月のお盆休みの頃は、家族連れでいっぱいになりそうです。

淡水プールには、子供が喜びそうな、ウォータースライダーがありました。

三階くらいの高いところから、勢いよく流れる水に乗って、トンネル上になったループを滑り降りれば、子供達は大喜びすると思います。

プールの周りには、パラソルが並んで、もうすっかり夏の準備が整っていました。

海水浴でも、プールでも、どちらでも水遊びが楽しそうです。

これなら、きっと子供達は大喜びすると思います。

ホテルの施設はすっかり一新

ホテルの中はどうでしょうか?

中に入ってみると、1階のフロアにも海から海水が引き込まれていました。

中の構造は吹き抜けになっていて、開放感があります。

この構造は、前のままを受け継いでいました。

レストランの値段はグレードアップ

ちょうどお昼だったので、昼食はこちらで頂くことにしました。

注文したのは、カレーとスープとサラダです。

お昼には、バイキングもあります。

カレーはすじカレーで、すじ肉を長時間煮込んでいたのか、柔らかくて食べやすいすじ肉でした。

今日は下見でシェラトン沖縄サンマリーナリゾートホテルを見聞に来ました。

レストランのお値段は、かなり高くなっていました。JALの経営の時は、お昼のランチは気軽に利用できるお値段でしたので、これは残念です。

結果は、合格です。

ただし、空き室があって、予約できるかどうかは今日の所は分かりません。

サンマリーナホテル関連記事 アーカイブ

2019年5月5日(日)


←前へ:第173回沖縄(6)_読谷の浜辺

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください