シーミー(清明祭)は、いつものように4月第2週の日曜日に行われました。例年、前日もしくは朝、雨が降るのは通例です。その内、天気は晴れになり、暑くなってきます 第107回沖縄訪問(10)

シーミー(清明祭)です。沖縄の一族の結束は、祖先礼拝にあります。シーミー(清明祭)は、毎年4月(旧暦・シーミー)には、門中が集まり、祖先を祀るお墓の前で一族の皆さんがお弁当を持ち寄って、シーミー(清明祭)で、一族の繁栄をお祈りします その10】

シーミー(清明祭)の日です。
快晴です。昨夜、深酒をしたせいで、かなり遅く起きました。前兼久の海一面を見渡して、今日の予定を考えます。

シーミー(清明祭)

松葉博雄が寝ている間に、すでに金城正則さんは、朝早くから船を出して、マグロを釣ってきて、それで刺身を作っているということですから、松葉博雄ののんびりしたリズムとは随分違います。

ホテルにて

早速、行ってみます。起きて間もない頃、金城正則さんから「釣に行って、マグロが釣れたので、今、朝日会のテントで刺身をしているから、食べに来ませんか?」というお誘いがありました。驚きました。

朝日会

松葉博雄が朝日会のテントに着いた時には、マグロはすでに刺身になっています。8匹ほどのマグロが釣れていますが、だいたい同じサイズのマグロです。

勝田亘さんも、お誘いを受けて朝日会に来ていました。

朝日会

今日は、シーミー祭(清明祭)がある日で、これから金城家の門中のお墓にお詣りすることになります。金城正則さんに着いて、金城家に戻ります。

金城家


国道58号線の裏に、前兼久の開拓をした人たちの土地があります。
金城家の裏の庭には、マンゴーの木がありましたが、今年はテントを上に張って、雨が掛からないようにしたマンゴーを育てる気になっています。

シーミー(清明祭)

シーミー(清明祭)では、それぞれの門中に行って、今日は皆さん、親戚が集まって、お弁当やお酒を奉納して、一緒にお墓の前で宴をします。

シーミー(清明祭)

写真がやや青くなっているのは、日よけ用のブルーシートでお墓の全体を覆っているので、光が青く見えるのです。

シーミー(清明祭)

1組の夫婦をもとに、子供、孫、ひ孫の代まで、男系でお墓を守っていくと、2009年現在では、相当たくさんのファミリーになっています。

シーミー(清明祭)シーミー(清明祭)では、各自の家から、手作りの御料理が集まります。シーミー(清明祭)

シーミー(清明祭)の、門中というのは、同じ祖先を祀る一族で、その中心は、長男の役割になります。

シーミー(清明祭)

しかし、実際にシーミー(清明祭)のように、行事の中心になってお世話をするのは、それぞれの主婦たちです。

シーミー(清明祭)

今日持ち寄っているたくさんのご馳走は、金城家の主婦の皆さんが、それぞれ自分の得意料理や、普段よく作る料理を持ち寄っています。

シーミー(清明祭)シーミー(清明祭)に、松葉博雄も神戸から、お供えを持ってきました。シーミー(清明祭)

シーミー(清明祭)では、まず、ご先祖様の眠っているお墓の広場にみんなが手を合わせ、祖先に礼拝をして、持ち寄ったお料理を供養に捧げます。

シーミー(清明祭)

シーミー(清明祭)の、金城家の門中の当主は、金城正浩さんです

シーミー(清明祭)

一族を代表して、感謝のお祈りをして、紙に印刷した模造紙幣を焼いて、あの世にもお金を送ります。

シーミー(清明祭)

シーミー(清明祭)のお祈りが終わると、十分に祖先供養が行われると、参加者にご馳走が回ってきます。

シーミー(清明祭)

若手の青年たちが、墓の外に待機して、ビール、泡盛、ウイスキーやソフトドリンクを冷やして、テントの中にいる人に随時サービスをしてまわっています。

シーミー(清明祭)

シーミー(清明祭)では、松葉博雄は門中ではないので、少し遠慮して、内地の言葉で話していますが、沖縄の恩納村の方言が入ってくると、もう何を話しているのか分かりません。

シーミー(清明祭)


シーミー(清明祭)の
当主の金城正浩さんはご機嫌です。松葉博雄も金城家の門中に入れてもらって、皆さんからビールを勧められ、すっかり顔馴染みになった人達と、あれやこれやと世間話に参加しています。

2009年4月12日(日)

コメントを残す