「ザ・ブセナテラスホテル」でカレーライスを頂きました。具志川のヤマダ電機で電機製品を購入し、「風風」で博多豚骨ラーメンを頂きました。片山正喜さんに新築お祝いを贈呈しました 第106回沖縄訪問(11)

「ザ・ブセナテラスホテル」でカレーライスを頂きました。具志川のヤマダ電機で電機製品を購入し、「風風」で博多豚骨ラーメンを頂きました。片山正喜さんに新築お祝いを贈呈しました。

【春になれば春休み、夏になれば夏休み、冬になれば冬休み、休みが続くと沖縄の旅行客は増えて、沖縄の地元にも活気が表われてきます その11】

「ザ・ブセナテラスホテル」で朝ご飯とお昼ご飯の兼用の食事を頂きます。

ザ・ブセナテラスホテル

松葉博雄が選んだのは、カレーです。

ザ・ブセナテラスホテル

カレーライスとビールは、適っているとは思いませんが、ホテルのレストランと言えば、ゆったりとした雰囲気の中で、ゆっくりとビールを飲みたいものです。

ザ・ブセナテラスホテル

しかし、車の運転のこともあります。そこで、妥協したのが、ノンアルコールビールです。

ザ・ブセナテラスホテル

カレーを頂いた後は、奥さんと神戸の知人とで、「ザ・ブセナテラスホテル」のテラスやホテルの中のお店をぐるっとまわって、以前来た時の思い出を思い返してみます。

ザ・ブセナテラスホテル

ザ・ブセナテラスホテル

知人のお部屋から見た景色は、テラスから見た景色とは違った景色です。

ザ・ブセナテラスホテル

名護湾を囲む白いビーチがあり、すでにモーターボートでバナナボートを引っ張っている白波が見えます。

ザ・ブセナテラスホテル

ホテルで会談した後は、松葉博雄と奥さんは、二人で車を運転し、家電製品を買うために、具志川のヤマダ電機に行きます。カーナビに沖縄のヤマダ電機を入力して、ヤマダ電機に行き着くように、セットしました。

ザ・ブセナテラスホテル

ヤマダ電機と言えば、量販店の家電製品の一杯並べたヤマダ電機と思い込んでいました。ところが、カーナビが連れて行ってくれたヤマダ電機は、マンションの1階部分の店舗部分を使った、電気修理店のヤマダ電機でした。

具志川のラーメン「風風」

いくら周辺を探しても、量販店のヤマダ電機がなかったので、おかしいなぁと不思議に思って、ぐるぐる回っていたら、シャッターの閉まった電気修理店のヤマダ電機がありました。

具志川のラーメン「風風」

驚くやら、おかしくなるやら、気を取り直して、もう一度量販店のヤマダ電機をカーナビにセットしてみましたが、レンタカーに搭載しているカーナビには、最近開発された地区にある、量販店のヤマダ電機は、ありませんでした。

具志川のラーメン「風風」

ヤマダ電機の近くに、パチンコ屋さんや、サトウキビの製糖工場があったことを思い出し、そちらの名前で入力をし直して、ヤマダ電機に辿り着きました。

具志川のラーメン「風風」

今度は目指すヤマダ電機に着きました。ヤマダ電機のすぐ近くに、ラーメンの「風風」があります。ここでお昼ご飯にラーメンを食べます。博多とんこつラーメンです。

具志川のラーメン「風風」

「風風」では、誰にも遠慮がないので、豚骨ラーメンに、ニンニクの摺り下ろしを入れてもらいました。さらに、ニラも追加しました。周りの人には、きっと臭くなると思います。

片山正喜さんの新築の家

ニンニク入りの豚骨ラーメンを食べた後は、隣のヤマダ電機に行きました。ヤマダ電機では、大型テレビ、洗濯機、乾燥機、冷蔵庫などの家庭電気用品を選び、ポイントをたくさん頂いて、そのポイントでまた買い物をしました。

買い物を済ませて、次に片山正喜さんのお家を訪問します。

片山正喜さんの新築の家

片山正喜さんの家には、松葉博雄から新築祝いが届いています。キックボクシングの練習に使うような道具です。

片山正喜さんの新築の家

これに、マジックインクを使って、新築記念のお祝いの文字を書きました。松葉博雄から片山正喜さんへの新築祝いです。

片山正喜さんの新築の家

この後、また前兼久に戻ります。松葉博雄の奥さんは、あれやこれやと気働きが重なって、首筋に疲れが溜まっています。そこで、考えたのは、整体を受けるということです。

仲泊の接骨院

以前、松葉博雄は、腰痛のため、沖縄の整体施術を受けたことがあります。仲泊の接骨院に行って、ほぐしてもらいます。

仲泊の接骨院

およそ15分のコースで、もみほぐしてもらい、やや血行が良くなったようで、この後、朝日会に向かいます。

 

2009年3月19日(木)

コメントを残す