島田紳助さん:島田紳助さんが突然、金城家に「こんにちは」と訪れてきました。第105回沖縄訪問(9)

島田紳助さんの突然の訪問です。テレビ東京の「なんでも鑑定団」でお馴染みの島田紳助さんが、突然、金城家に「こんにちは」と訪れてきて、金城千賀子さんと雑談しています。早速、記念写真を撮りました。 その9】

島田紳助さんの突然の訪問を受けて、今日は松葉博雄はびっくりしました。

今日の前兼久のお天気は、晴れです。沖縄は、天気予報を上回る温度になることがあります。直射日光が続けば、気温が上がりそうです。

ホテルより

向こうに見えるのは、残波岬の灯台と、ホテルです。素晴らしいお天気です。

ホテルより

天気予報の解説者によると、昨日は6月並の天気だったそうです。2月としては、過去最高ということで、室内では、金城釣具店のお店の温度計は、29度まで上がっています。

ホテルより

金城正則さんが、「3月になったので、海に出られますよ」というお話を思い出します。

金城家にて

今日は、金城家で昨夜準備した金柑の甘炊きに、蜂蜜を入れて煮る作業に移ります。準備の前に、金城家で朝ご飯を頂きます。

金城家にて

朝ご飯を頂いているときに、突然お客さんが来ました。テレビでよく出てくる、島田紳助さんです。

金城家にて

昨日、金城釣具店に寄ってきて、「釣をしたいが道具がない」と言う話に、金城正則さんが釣竿を貸しました。今日は、釣り竿を返しに来てくれたそうです。

金城家にて

金城千賀子さんは、驚いた様子だったので、松葉博雄は、すぐに名刺を渡し、同意を得て、記念撮影をしました。

なんだかこの恩納村が気に入っているみたいで、しょっちゅう来ているようです。

金城家にて

また作業に戻ります。金柑の砂糖煮をします。

金城家にて

煮込んだ後、今度は、神戸に帰る荷物を発送するために準備をします。

金城家にて

もう少し隙間があるので、「恩納の駅」に買い物に行って、お土産も入れることにします。

恩納の駅

「ちんすこう」にしようか、「涙そ~そ~」にするか、悩みます。

恩納の駅

「恩納の駅」では、サトウキビから作ったバイオ燃料で走っていますという、バイオ燃料で地球温暖化を防止しようというキャンペーン車が2台やってきました。

恩納の駅

石油に替わる新しい燃料を開発しています。

恩納の駅

マイクを片手に、どのような取り組みをしているのかを紹介していました。

恩納の駅

次は、片山正喜さんのところに行きます。片山正喜さんの建設中の家がどのように工事が進んでいるか、見てきます。

恩納の駅

庭の前には、ノニの木がたくさん茂って、籔の中からは、小鳥の声が鳴いている声が聞こえてきます。

片山正喜さんの家

片山正喜さんのお家の前は、宇堅ビーチです。かなりお家の工事は、進行しています。今日は、テレビの取り付けをしていました。

片山正喜さんの家

この宇堅ビーチでは、かなり大きな魚が獲れるようで、こちらから見ていると、ダイバーが魚を突いて、持って帰っていたようです。

片山正喜さんの家

しかし、魚が獲れる場所は、発電所の設備が海中にも埋設されている危険な地域なので、立ち入り禁止になっています。

片山正喜さんの家

今日は、夏のような日照りです。

片山正喜さんの家

日差しが強すぎて、何か遮蔽がないと、暑すぎて、頭がクラクラ回るような感じです。

片山正喜さんの家

家の周りは、植木屋さんにお願いして、将来、防風林になるような、木を選んで、記念植樹が進んでいます。

片山正喜さんの家

片山正喜さんがたててくれた焙煎コーヒーで一服です。しかし、コーヒーを口に含んだとたん、違和感を感じました。

***

水道をひいて、水道管を水道水がこれから流れるので、まだ水道管の接着剤の残留物が混じっているような、匂いと味の違和感を感じました。

片山正喜さんの家

せっかくのコーヒーでしたが、飲むのを止めました。

お昼時になったので、片山正喜さんと一緒に、石川の街にお昼ご飯を食べに行くことにしました。

目指すのは、ステーキハウスです。

 

2009年2月25日(水)

コメントを残す