恩納村前兼久の観光用レストラン焼き肉「牛楽」で、夕食をした後は、金城家で薬用長命酒の原液とお湯割りを頂きました。かなり足に来ます 第104回沖縄訪問(14)

恩納村前兼久の観光用レストラン焼き肉「牛楽」で、夕食をした後は、金城家で薬用長命酒の原液とお湯割りを頂きました。かなり足に来ます。フラフラしながらホテルに帰りました。
【沖縄文化の体験:旧正月を沖縄本島の恩納村で過ごします。沖縄では、旧正月のことを「ハチウガミー」と言います その14】

朝日会の後は、金城家に行って、松葉博雄が金城家の皆さんを焼き肉屋さんにご招待します。

焼き肉「牛楽」で食事

すぐ近くの「牛楽」です。塩タン、特上ロース、特上カルビ、ビビンバを注文して、焼きます。

焼き肉「牛楽」で食事

食事をしている途中、クレアちゃんはすぐに飽きてしまいました。「お家に帰りたい」と言っています。

焼き肉「牛楽」で食事

沖縄の飲食店は、観光客が頼りですが、今は少し不況に悩んでいるので、お客さんが少ないようです。

地元の人達は、「牛楽の価格では、値段が高すぎる、あれは観光客用だ」と、敬遠しています。

焼き肉「牛楽」で食事

沖縄の経済が、観光客頼みになっていることは、いろいろなところで言えます。飛行機もそうです。ホテルもそうです。レストランもそうです。

焼き肉「牛楽」で食事

クレアちゃんは、じっとしているのがすぐに飽きてきて、子供の姿を見ると、知らない子にでも近づいて、話をしようとしています。

焼き肉「牛楽」で食事

石焼きビビンバは、ひとつ持って帰ることにお願いしました。利絵ちゃんのために、お肉を持って帰るようにお願いします。

焼き肉「牛楽」で食事

石鉢を持って帰るのですから、ちゃんと理由を言って、店長の許可をもらって帰ります。アルバイトの店員さんにお願いしたときは、「ちょっと待って下さい」と、奥に相談に行き、住所、氏名、電話番号を確認して、借り出しが出来ました。

焼き肉「牛楽」で食事

ここの「牛楽」のお店は、オーナーは誰でしょう?お店の人に聞いてみると、浦添の人が経営しているお店で、この店が単店で、チェーン店ではないようです。

焼き肉「牛楽」で食事

いろいろもっと改善したら、お客様が増えるのにと思うことがいっぱいありますが、オーナーが「どうしたらよいのか、松葉博雄のところに尋ねに来ている訳ではないので、勝手なことは言えません。

焼き肉「牛楽」で食事

オリオンビールを飲みながら、話の話題に、「もし、自分だったら、どんなに経営を改善するか」など、酒の話題にもっともっと経営の改良をすべき問題を金城正則さんと話しました。

焼き肉「牛楽」で食事

食事が終わったので、金城正則さんのお家に歩いて帰って、飲み直しです。

焼き肉「牛楽」で食事

コルクのような形をした、長命草を泡盛に漬けています。これを飲んでいます。

焼き肉「牛楽」で食事

かなり強いので、ストレートで飲むよりは、お湯割りをしてみました。

焼き肉「牛楽」で食事

お湯で割って、頂きます。しばらくしていると、金城正浩さんの奥さんのはっちゃんねぇちゃんがやってきました。

焼き肉「牛楽」で食事

神戸に帰る松葉博雄のために、お土産を持ってきてくれました。金城正浩さんは、すでに家で酔っぱらって寝ているようです。

焼き肉「牛楽」で食事

夜も遅くなって、明日も金城正則さんは仕事があるので、失礼します。楽しい沖縄の4日間でした。明日は、神戸に帰ります。

「ホテルまで送っていきましょう」と言われましたが、辞退して、金城家の玄関でお別れします。大変楽しい時間を過ごして、ありがとうございました。

 

2009年1月28日(水)

コメントを残す