沖縄の大晦日:恩納村朝日会の年越し料理は、金城正則さんが鶏を3羽使って、野菜煮込みの鶏スープを朝から取り組んでいます 第103回沖縄訪問(5)

沖縄の大晦日:恩納村朝日会の年越し料理は、金城正則さんが鶏を3羽使って、野菜煮込みの鶏スープを朝から取り組んでいます。畑からは、島らっきょうと生姜を掘り出してきました。【寒い本土のお正月を避けて、暖かい沖縄で年末年始を過ごします その5】

沖縄の大晦日です。朝日会では、金城正則さんが朝から作っていた鶏のスープが出来ています。

朝日会

鶏を3羽解凍し、食べやすいように解体し、大きな鍋で何時間も煮込んで野菜スープを、今日の大晦日の年越しのために、作っています。

鶏スープの鍋には、冬瓜、鶏肉、玉葱、人参などが入っています。

朝日会

朝日会では、2009年1月2日にゴルフコンペが予定されていますが、松葉博雄の名前はエントリーされていません。

朝日会

それは、予選をしたのではなく、選考で落ちたようです。

朝日会

朝日会では、ストーブで焚き火をし、暖を取りながら、ゴルフコンペの話で盛り上がっています。

朝日会

じっとしているのももったいないので、今のビールを飲んでいないうちに、車を運転して、山城興善さんの畑に行きます。

朝日会

山城興善さんの許可を得て、金城正則さんと生姜を掘り起こしに行きました。

山城興善さんの畑

今、冬場は、生姜の収穫時期です。

山城興善さんの畑

山城興善さんの畑は広く、いろいろな作物を、朝日会の人達が土地を借りて植えています。

山城興善さんの畑

松葉博雄は、鍬を持って、畑を耕すと、腰痛に悪いので、金城正則さんは、掘り起こした生姜を手にとって、茎を切り、細い根っこを取って、土を払います。

山城興善さんの畑

次に、島らっきょうを頂きに行きます。島らっきょうが出来ているのは、登川喜永さんの畑です。

登川喜永さんの畑

登川喜永さんの畑には、番犬と山羊が2匹いました。2007年2月に徳之島に行ったときに買ってきた山羊です

沖縄では山羊料理は、何か行事があったとき、振る舞われます。とても癖の強いお料理なので、体調の悪いときは食べてはいけません。

登川喜永さんの畑

体調の良いときは、血行が良くなり、元気になっていきます。登川喜永さんは、山羊を買ってきて、餌をあげて育てていく内に、情が移り、とても食べられなくなっています。無理もありません。山羊は、可愛い目をして、見ています。

島ラッキョウ

登川喜永さんから島らっきょうを頂いてきたので、島らっきょうの外皮を剥いで、すぐにお料理に使えるようにしておきます。

これは面倒な作業で、慣れていないとなかなかうまくいきません。松葉博雄と奥さんは、慣れない手つきで、島らっきょうの皮を剥いていると、登川喜永さんと金城正則さんが、替わってくれました。

掘ってきたばかりの生姜

島らっきょうの皮を剥かなくてよくなったので、先程掘ってきたばかりの生姜の赤土を取って水を切っておきます。

掘ってきたばかりの生姜

新生姜なので、紅生姜を作ろうと思っています。

朝日会

水気があると、生姜が傷むので、神戸に送る前に、ホテルで水を切って、干しておきます。

朝日会

金城正則さんと、登川喜永さんは、長い時間かけて、島らっきょうの皮を丁寧に剥いてくれて助かりました。

朝日会

夕方、周りが少しずつ暗くなってきました。

芝生に赤土を運んできて、芝生の手入れをしようとしていますが、芝を張るまでにはまだ作業が続きます。

大晦日の年越しに向かって、少しずつカウントダウンが始まっています。これから金城家に向かいます。

2008年12月31日(水)

コメントを残す