沖縄食の市場 うるマルシェ

投稿No:8060

沖縄食の市場 うるマルシェとは、うるま市にできたマルシェ、これを略して、うるマルシェです。 第170回沖縄訪問(6)

 沖縄食の市場 うるマルシェ 

うるま市にできたマルシシェ、これを略して、うるマルシェです。

うるマルシェは、難しく言えば「農水産業振興戦略拠点施設」です。

戦略拠点と言うと、なんだか戦いの前線本部みたいに格好よく聞こえます。

2018年11月1日にオープンしました。評判はどうでしょうか?

早速行って調べてきました。

経営理念として地元の人と共に郷土愛をもって
沖縄県うるま市の未来を真剣に考え、
「ものづくり」「ひとづくり」「まちづくり」を通じた地域社会への
貢献すると掲げているのは、立派です。

 沖縄食の市場 うるマルシェは誰が経営してるのかな?

うるマルシェを経営するのは、

一般社団法人プロモーションうるま&株式会社ファーマーズ・フォレスト
(本社:栃木県宇都宮市新里町丙254)の二社による共同体
「うるま未来プロジェクトグループ」特別共同事業体(コンソーシアム)により運営しています。

なんだか、ただの市場や商店では無いようです。

うるマルシェで魚・お肉・野菜はイケてるのかな?

マルシェの広い店内をゆっくり回ってみました。

新しいバザールなので、建物も店内も綺麗です。

かなり広い大きな建物でした。

店内では、鮮魚、農作物、離島の土産物、
花などが展示即売されていました。

店内は、沢山の買い物客で賑わっていました。

皆さん、食品を中心の買い物のようです。

お店に沢山の人が買い物に来れば、商品の回転は速くなります。

回転が速くなれば、新鮮な商品が入れ替わり入ってきて、新鮮です。

沖縄のお肉と言えば、豚肉やアグーです。

豚肉は、そばに入れば、ソーキそばになります。

ソーキとは、三枚肉とのことです。

本日の特売品は、豚ロース、豚肩ロース、豚三枚肉、
豚ソーキがそれぞれ100g138円です。

離島の名産も揃ってた

うれしいのは、離島の名産品がそろってたことです。

離島の名産、土産物と言えば、道の駅まで行かなければかえません。

でも、うるマルシェなら南大東島産の
シージャーキーあじくーたーが販売されていました。

これはラッキーです。

南大東島まで行くのは大変ですが、
うるま市で美民大東島の土産物を買えるのですから、便利です。

沖縄の離島には、あちらこちらに行きましたが、
まだ訪れていない島の一つが、南大東島です。

宮古島のなまり節もありました。

宮古島は、鰹漁業が盛んで、宮古島の鰹節工場を訪ねたことがあります。

宮古島の鰹節工場は、宮古島と橋で繋がっている池間島にありました

池間島を繋ぐ橋は、とても綺麗な珊瑚礁の海にかかっていて、
橋から海に飛び込みたくなるほどの綺麗な海でした。

一つ一つ売り場を見て廻ってみりと、
野菜はうるま市産と内地からの野菜が並んでいました。

どれも、新鮮な野菜です。

内地の会社が経営に参加しているので、
新鮮な農産物の仕入れができているようです。

 食の市場 うるマルシェで食べるところはあるのかな?

付属施設に市民食堂がありました。

お昼は、付属する食堂で頂きました。

うるマルシェと食堂との間に、大きな屋外テントが張られていて、
その脇に、持ち帰り専用のお店が並んでいました。

勝連漁協のてんぷら屋さんです。

天ぷら屋さんで買った天ぷらを、持って帰るか、
すぐ前のテントの広場で食べるか選べます。

アグー屋さんでは、豚丼やチキンカツ、
カレーなどの食堂メニューがありました。

これも、テイクアウト専門です。

食堂に入って料理を注文している間、先ほどうるマルシェで買った
名物名産を点検しました。

買ったのは、好きな鰹節です。

硬い鰹節ではなくて、手でちぎれるくらい柔らかい、
なまり節の真空パックです。

鶏の皮のチップスも買いました。

これは、お酒のおつまみ用です。

キュウリの細切りにつけて食べると美味しいあぶら味噌です。

あぶら味噌は、ご飯にかけて食べても、美味しく頂けます。

なまり節の角煮とたから屋の塩せんべいも購入しました。

計6点、つい自分へのお土産を沢山購入してしまいました。

うるま市民食堂はおいしいのかな?

うるま市民食堂でお昼ご飯を頂きます。

注文したのは、人気ナンバーワンの「県産チマグーおでん定食」です。

チマグーとは、豚足のことです。

沖縄のおでんの中には、青梗菜も入っていました。

お値段は少し高めのお値段でしたが、サービスが良かったです。

もずく、サラダ、野菜、ドリンクなどはバイキング式で自由に頂きました。

まとめ

うるマルシェは明るく、きれいなお店でした。

駐車場はゆったりしていて利用しやすいです。

お客様の評判もとても良いです。

肉は県産豚だけでなく、もとぶ牛まで揃えていました。

お得なお値段でした。

出来合いのおかずはお総菜コーナーの自社生産のお弁当や
お総菜から選べます。

離島の名産品が揃っていたのが嬉しかったです。

 

2018年12月31日(月)


←前へ:第170回沖縄(5)

→次へ:第170回沖縄(7)

コメントを残す