読谷の「体験王国むら咲むら」の中にある、「琉球武家屋敷・謝名亭(じゃなてい)」で謝名亭そばを頂きました。 第95回沖縄訪問(6)

読谷の「体験王国むら咲むら」の中にある、「琉球武家屋敷・謝名亭(じゃなてい)」で謝名亭そばを頂きました。

【第95回沖縄訪問は、晴天に恵まれましたが、カーナビに振り回されました その6】

2008年2月22日(金)読谷の高志保で食事をすることになりました。「体験王国むら咲むら」の中にある、「琉球武家屋敷・謝名亭(じゃなてい)」です。

体験王国むら咲くむら

入り口をくぐって、中に入ると、庭には、昔の侍屋敷を再現しています。この古い屋敷で、琉球そばを食べます。

体験王国むら咲くむら

観光客が来ると、バスでどっとたくさんの人が来ることもありますが、今日は、静かです。

体験王国むら咲くむら

体験王国むら咲くむら

「琉球武家屋敷・謝名亭」は、琉球王国時代、首里城下にあった三司官「謝名親方」の邸宅を赤瓦と琉球庭園で再現しています。

体験王国むら咲くむら

体験王国むら咲くむら

店内は、襖も何もないのですが、寒くありません。

体験王国むら咲くむら

何をお昼ご飯に頂くのか、片山さんと考えて、ソーキそばか、謝名亭そばにします。

体験王国むら咲くむら

お店の人が注文を取りに来ましたが、立ったままで注文を聞いています。

体験王国むら咲くむら

体験王国むら咲くむら

松葉博雄は、謝名亭そばです。

体験王国むら咲くむら

三枚肉やかまぼこなど、たくさんの具材が入っています。

体験王国むら咲くむら

食事の後は、今度は、「体験王国むら咲むら」を見に行きます。

体験王国むら咲くむら

昔の琉球のお城を模倣した建物があります。

体験王国むら咲くむら

台風のための防風石垣が積まれ、4メートルほどの道幅になって、その空を覆うように木が茂り、風の音が、木の葉のすれる音に聞こえます。

体験王国むら咲くむら

体験王国むら咲くむら

「たいけん場」では、いろいろなものを体験させてくれますが、漆喰シーサーがありました。

体験王国むら咲くむら

シーサーは、いろいろな形になっています。

体験王国むら咲くむら

ゆっくりと周りを見て周ります。

体験王国むら咲くむら

最初、昔の武家屋敷を再現したのかなと思っていましたが、よく見ると、礎石は石ではなくて、ブロックだとか、漆喰だと思ったらペンキだったり、映画の撮影のためのセットだということは、よく見れば分かります。

体験王国むら咲くむら

「体験王国むら咲むら」の見学は続きます。読谷には、琉球村がありますが、琉球村とは少し趣が違う、お店屋さんが多いことに気がつきました。

体験王国むら咲くむら

いずれのお店も、色を塗る、絵を描く、土を捏ねる、何かと何かを組み合わせるなどの体験してもらって、商材を売っています。

 

 

コメントを残す