沖縄のお盆は旧暦です。内地のお盆とお盆が一致する年はわずかです。

投稿No:7919

U君達家族は前兼久で、沖縄のお盆のエイサー踊りを、お盆でない日に鑑賞できました。 第166回沖縄訪問(9)

お盆休みは、内地と沖縄では、違いがあります。

内地は、終戦記念日の15日前後をお盆休みにしています。

例えば、今年開催するかどうかで話題になった徳島の阿波踊りは、12、13、14、15日が開催日になっています。

京都の送り火は、お盆が終わったあとの8月16日に行われます。

他方、沖縄では、お盆は旧暦で行われています。

旧暦は、太陽暦と違って、毎年同じ日が行事の日になるとは限りません。

2018年の沖縄のお盆は、8月15日よりかなり後に予定されています。

沖縄のお盆には、エイサー踊りが行われます。

ここ恩納村前兼久の繁華街は、内地からたくさんの観光客がお盆休みを利用して来ているので、特別にエイサー踊りを踊って、繁華街のお店を巡回しているグループもいます。

今日、U君達の家族と私と奥さんは、先月7月に訪れて、また来るからねと約束した通りに、料理人の金城さんがいるお店にやってきました。

金城さんには、あらかじめ食べたい料理を電話で伝えておきました。

頂きたい料理は、ミーバイの梅酢あんかけ料理です。

それに、豚肉の耳から作られるミミガーです。

ミミガーは、沖縄の三大珍味として、以前にブログで紹介しました。

三大珍味とは、スクガラス、豆腐餻(とうふよう)、ミミガーです。

↑◎スクガラス 

スクというのは、アイゴの子供です。スクを調理したものがスクガラスです。

一般的には塩漬けにして、半年~1年ぐらい保たせます。

↑◎とうふよう(豆腐餻)

とうふようは、島豆腐を麹と泡盛等で発酵させて作られています。

調理方法は、ゴーヤチャンプルーやソーメンチャンプルーのような豆腐の使い方ではなく、そのまま生食でいただきます。

↑◎ミミガー

ミミガーの材料は、毛を直火で焼いて除去した豚の耳の皮です。

野菜等と一緒に炒めたミミガーを、沖縄では「ミミガーイリチー」といいます。

金城さんが作ってくれた料理は、単に料理を味わうだけでなく、料理の飾り付けも見事です。

料理を食べていると、外に人が集まってきました。

仲泊(なかどまり)青年会の、エイサーを踊る人達です。

仲泊の青年会は、前兼久から那覇側の隣村です。

飲食店やホテルから依頼を受けて、依頼されたお店を一軒一軒回って、エイサー踊りを披露します。

エイサーの踊りは、男子は太鼓を叩いて、旗を立て、勇壮な踊りを披露します。

女子グループは、姉さんかぶりの着物を着て、三線と太鼓の音楽に合わせて、隊列を作って踊ります。

お店の人に、「心付けはどのくらいするのですか?」と尋ねてみると、一般には、5,000円だそうです。

以前聞いた話では、景気の良い頃は、ホテルなら30万円も包んでいた時代があったそうです。 

30分ほどの演舞ですが、とてもエネルギッシュで、もし私が若いときにエイサー踊りをやっていたら、きっとお盆の頃はエネルギー消費で痩せてしまったと思います。

エイサーの人達は、サービスにお店の中にまで入ってきて、客席の前でも勇壮な踊りを踊ってくれます。

驚くのは、太鼓の大きな音です。

お店の中で、大きな太鼓を叩けば、幼い子なら、怯えてしまいそうな大きな音です。

ところがMちゃんは、太鼓の音にも驚かず、エイサーがすっかり気に入ったようで、お店の外にまで出て行って、エイサーの男踊りの前で、じっと見つめていました。

少しずつ日が暮れて、辺りが暗くなってくると、少し涼しくなってきました。

エイサーの人達には、どこのお店も差し入れをしています。

差し入れは、飲み物です。

もちろん、お酒はだめです。

ジュースとか、コーラ、アクエリアス、水、ウーロン茶などを差し上げています。

お店で作った、つまんで食べられるような食べ物も差し上げていました。

若い人は運動量が多いので、何かつまんでおかないと、今夜の長い時間のエイサー踊りがもちません。

最後は青年団の旗を立てて、旗の周りにみんな集まり、リズムの早い三線の音が加わって、みんなで総踊りです、

みんなでカチャーシーをして、踊りに夢中になれば、ご先祖様も喜んでくれるだろうという理解です、

今夜はU君たち家族と私と奥さんの6人で、料理人の金城さんの美味しい料理を頂けて、みんな大満足です。

 

2018年8月12日(日)

コメントを残す