”象の鼻”で有名な「万座毛」恩納村の景勝地です。

万座毛(まんざもう)は、象の鼻と、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの海が見える絶景地です。 第166回沖縄訪問(10)

 万座毛に夕日を見に行きました。

万座毛とは、琉球王朝の時の王である尚敬王(しょうけいおう)が、「万毛(毛は原っぱのこと)」(言い換えると「一万人が座れる広い原っぱ」)と評したことに由来していると言われています。

沖縄各地を回って見ても、平らな広い場所はあまりないのです。

1700年頃の琉球は、丘陵地には沖縄の亜熱帯植物が茂り、平らな場所で沢山の人が腰を下ろせる場所は少なかったようです。

万座毛の岬には、象の鼻を連想するような岩「象の鼻」があります。

夕方になると、万座毛の象の鼻の岩に日が沈む光景を写真に残そうと、たくさんの男女が集まっていました。

夕方の時間は観光バスは一台もなく、この時間は個人ツアー中心です。

駐車場から万座毛を目指して歩いていると、向こうの方に大勢の人だかりが集まっていました。

行ってみると、象の鼻の形をした岬の前で、カメラを構えて日が沈むのを待っている人達です。

恩納村は、南北に紐を伸ばしたように長く延びています。

万座毛のすぐ近くには、恩納村役場があります。

恩納村の海岸は西海岸と呼ばれ、どの場所からも夕日が見られます。

あと30分ぐらいで、日が水平線上に沈みそうです。

少しずつ気温が下がってきています。

日が沈む瞬間を捉えようと、万座毛に集まっている人達は、少し寒くなっても我慢です。

万座毛を象徴する芝生の広場には、人影はほとんどいません。

皆さん、象の形をした岬のほうに集まっています。

海面を見ると、岩に押し寄せる波は、大きな音を立てて、岩とぶつかり合っています。

海の水の色は、澄んだ水色で、とても綺麗です。

あの波で遊べるかと言えば、危なくて遊べません。

押し寄せる波の力で、岩に身体を叩きつけられそうな強さです。

日が沈んでいく水平線側とは反対の東側の海を見ると、こちらは岬に建てられたホテルを夕日が照らしています。

ホテルは「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」です。

万座毛から見える東側の海は、珊瑚礁に押し寄せる波が白い泡を立てています。

とても美しい光景で、こちらの方も絶景です。

夕日を見に来る人達は、半数以上がカップルです。

夕日には、何か恋心を燃え立たせるような不思議な魔力があるのでしょうか?

東側の海にも、わずかにいるカップルが、お互いを写真で撮り合っています。

船も見えず、レジャーボートも見えない、1日の終わりを告げるような夕暮れ時です。

少しずつ日が傾いてきて、5分も経てば先ほどとは違った光加減になってきます。

琉球の時代、この地に軍を進めてきた王様は、この景色を見てどう思ったでしょうか?

昔と今の違いは、ホテルのようなコンクリートの建造物がなかったことです。

海から吹き付ける強い風に、女性の長い髪は風に巻かれています。

琉球王朝の時代、手に槍や刀を持って、この万座毛に集まった兵士達は、まだ見たこともない、異国の象の姿を、万座毛の岩から想像できたでしょうか?

夕日は、ゆっくりと沈んでいきます。

水平線に沈む今日最後の太陽を写真に収めようと、カップル達はその瞬間を待ち続けています。

2018年4月8日()

コメントを残す