道の駅ぎのざの新築工事は終わり、間もなくオープンです。

道の駅ぎのざ(宜野座)の名前はリバーパークです。川の側に遊戯施設があり、子ども連れで楽しめます。 第166回沖縄訪問(7)

 沖縄本島の東海岸をドライブしています。

道の駅 ぎのざに寄ってみます。

これまで道の駅ぎのざは、東南アジア風の混沌としたマーケットでした。

それが、施設を作り替えています。

ほぼ、完成状態です。

オープンはもう少し先ですが、建物の全体構造は外から見えてきました。

この新しい道の駅ぎのざがオープンすれば、きっと沖縄でも有数の道の駅になりそうです。

今日は、これまでの道の駅を見て回ります。

近隣の農家が農作物を持ち寄って販売しています。

これは道の駅というより、道の駅の施設に寄りかかったフリーマーケットです。

道の駅宜野座の周辺には、子ども達が遊べる遊戯施設も整ってきました。

これなら、幼い子ども達が喜びそうです。

道の駅と川を隔てた向こう側には、思い思いのフリーマーケットが立ち並んでいます。

車で商品を持ち寄ってきて、車の前を店舗にして、展示品を販売しています。

側に寄って見てみると、一軒一軒が専門店のようになっています。

例えばネジを売っているお店では、大小様々なネジを、新品や中古品を交えて売っています。

古着のお店も沢山並んでいました。

今では、マニアといえるドーナツ盤のレコードを扱っているお店もありました。

こんなものが本当に売れるのかと思うような雑貨店もあります。

家を壊す前に、家の中の置物を集めて、持ち寄ったようなお店もありました。

土曜日の朝なので、客足は日曜日ほどはありません。

宜野座フリーマーケットは、フリーマーケットの管理者に電話して許可を取れば出店できます。

何か掘り出し物はないかと丹念に見て回りましたが、価値観が違えば、欲しくないものばかりで、価値観が合えば、欲しいものが並ぶ宝の山になりそうです。 

2018年4月7日(土)

コメントを残す