名桜大学(沖縄県名護市)は、公立名桜大学になりました。

名桜大学は、大学間競争を生き抜くために、公立化を選びました。第166回沖縄訪問(3)

私立大学が公立大学に変わると、どんな変化が起きてくるのか

名桜大学は、私立大学として設立されましたが、2010年に公立大学に変わりました。

名桜大学は、名護市含む沖縄県北部の12 市町村と沖縄県が設置経費を負担し、運営は学校法人名護総合学園が行う私立大学として 1994 年に開学しました。

経費負担の内訳は、名護市が52億9905万7千円、名護市を除く県北部11 町村が3億30万円、沖縄県が10億3000万円、合計66億2935万7千円でした。

大学設置の目的は、沖縄の基幹産業である第三次産業、特に観光人材の育成と教育研究の推進、高等教育への進学機会の拡大、地域経済の活性化でした。

2000 年以降、入学定員が未充足となり、法人の理事会から学部・学科の見直しが教授会に要請されました。

これを受け、学内では既存学部の改革、新学部設置の検討、緊急対策会議等の設置が行われ、新たな改革案を模索する必要性を示唆した緊急基本方針も定められました。

このときお手本となったのは、高知工科大学です。

北部12 市町村で構成する北部広域市町村圏事務組合を設立団体とし、2010年に公立大学法人名桜大学が設立され、同大学の公立大学化が果たされました。

公立化した大学は、どんな大学?

調べてみると、私立大学から公立大学に変わった大学は他にもありました。

2017 年度までに公立大学化した私立大学は、以下に示す8 大学です。

大学名            公立大学化年   法人設立団体
高知工科大学          2009       高知県
静岡文化芸術大学        2010       静岡県
名桜大学            2010       沖縄北部広域市町村圏事務組合
公立鳥取環境大学        2012       新生鳥取環境大学運営協議会
長岡造形大学          2014       長岡市
福知山公立大学         2016       福知山市
山陽小野田市立山口東京理科大学 2016       山陽小野田市
長野大学             2017      上田市

出典 私立大学の公立大学化は地元定着に寄与したか -入学者の出身地の推移に着目して-鳥山亜由美(法政大学大学院修士課程)

私立大学が公立化すると突如として人気校に

過去10年近く定員割れが続いていたのに、いきなり倍率が約8倍という「狭き門」になった大学があります。

その名は、公立大学法人山陽小野田市立山口東京理科大学です。

定員200人、工学部のみの単科大学だが、学生が思うように集まらず、短大時代から黒字の年はなし。学校法人内で埋め合わせしていた累積赤字は90億円近くに上っていたそうです。

そんな大学を突如、人気校に変えたマジックが「公立化」でした。

公立化で半額になった授業料

地方都市で「公立」ブランドは魅力的です。

何より授業料が約半額の53万5800円に下がりました。

劇的に下げられたのは、経費が地方交付税交付金、つまり国のおカネで手当てされるからです。

同大のように理系だとその額は学生1人当たり約170万円にも上ります。

地元自治体は、国から受け取った交付金を大学に渡すだけで、自らの負担はありません。

今、経営難の地方私大がこの公立化で復活する事例が相次いでいます。

千歳科学技術大学が北海道千歳市に公立化の検討を要請したばかりです。

公立大は平成に入ってから倍増し、今年4月時点で88校と、国立大の86校を上回るまでになりました。

国立大は厳しい予算カットにあえぎ、私立も私学助成金が先細る中で厳しい経営を迫られています。

そうした中で、公立大だけ「文科省の締め付けの枠外にあって不公平」という指摘もあります。

出典 AERA 2016年12月19日号

公立大学になると、有名校に変わるのか

沖縄の一般市民の人に、名桜大学が公立学校に変わったことを知っているか尋ねてみると、あまり知っている人はいませんでした。

しかし、高校生がいる家庭では、名桜大学が公立大学に変わったことを評価していました。

マジックのように、私立大学を公立大学に変化させることは、地域にとっても入学者にとってみても、良い事が多いようです。

これからますます少子化が進み、大学は生徒集めに大学間競争が激しくなります。

競争を勝ち抜くために、ウルトラCのような技で、大学の格を高めることは他の他府県でも広がりそうです。 

 

2018年4月5日(木)

コメントを残す