恩納村の数少ない珊瑚礁の群生を見ました。勝連半島で獲れたスクが、朝日会に届きました 第88回沖縄訪問(8)

恩納村の数少ない珊瑚礁の群生を見ました。勝連半島で獲れたスクが、朝日会に届きました。

【大型台風4号が沖縄諸島を襲い、各地で大変な被害をもたらしました。やはり、沖縄の台風はデッカイです。 その8】

「スク」漁の続きです。前兼久の真栄田岬寄りの方に、少しまだ珊瑚の場所が残った場所があるということで、そちらの方で枝珊瑚を見ました。

前兼久の真栄田岬寄りの方で、枝珊瑚を見ました

前兼久の真栄田岬寄りの方で、枝珊瑚を見ました

珊瑚があれば、熱帯魚の小魚がたくさん集まってきます。

枝珊瑚

コバルトブルーのルリスズメダイ(コバルトスズメ)や、キンメダイなどが、たくさんいます。

ルリスズメダイ

枝珊瑚は、ダイバーの足ひれで折られている箇所がたくさんあり、残念なことに、折れた珊瑚枝が散らばっていました。

折れた珊瑚枝が散らばっていました

折れた珊瑚枝が散らばっていました

朝日会に持って帰る夕食の食材に、何か獲ってこようということになり、サザエ、ウニ、ハリセンボンなどを集めました。

サザエ、ウニ、ハリセンボンなどを集めました

サザエ、ウニ、ハリセンボンなどを集めました

台風の影響がなければ、もっと水が澄んでいる綺麗な珊瑚礁の地域ですが、少し見通しが悪くなっています。

台風の影響で、少し見通しが悪くなっています

台風の影響で、少し見通しが悪くなっています

潮の引きが大きくて、珊瑚に体が当たるほど、浅瀬になってしまっています。

潮の引きが大きくて、珊瑚に体が当たるほど、浅瀬になってしまっています

ここで、いろいろした後、夕方の4時頃に港に戻ってきました。

潮の引きが大きくて、珊瑚に体が当たるほど、浅瀬になってしまっています

冨着信常さんが、「イケスに入れているシャコ貝をあげる」ということで、シャコ貝を取りに行きました。

シャコ貝

船の中で、ちょっと頂くと、美味しかったです。

シャコ貝

港に着くと、獲ったウニ、シャコ貝、ハリセンボンなどを陸に揚げます。

夕方になってくると、ダイビングの客も、海から帰って行きます

夕方になってくると、ダイビングの客も、海から帰って行きます。

朝日会

いくつかシャコ貝があったのですが、ほとんどのシャコ貝を松葉博雄と奥さんにくれました。シャコ貝は、殻が置物になるからということで、持って帰るように勧められました。

シャコ貝

朝日会です。みんな集まってきます。冨着信常さん、饒波棟重さん、登川喜永さん、崎浜政秀さんが参加しています。夕日がとても綺麗です。

朝日会

登川喜永さんは、ドラゴンフルーツを持って来てくれました。ドラゴンフルーツには、白、赤のほかに、黄色があります。この黄色が、一番美味しいのですが、めったにありません。

朝日会

松葉博雄は、ドラゴンフルーツを切らなくても、外から見るだけで、ドラゴンフルーツの身の色の赤色と白色の区別を当てました。

朝日会

幸地新二郎さん、片山正喜さんもやって来ました。

朝日会

朝日会

石川満さんが、スクが手に入ったので、持って来てくれました。沖縄のこの時期だけのスクです。台風の最中に、沖縄本島で、スクが獲れたところは、ほんの僅かなようです。

スクを味噌、酢、醤油で味付けをして頂きました

味噌、酢、醤油で味付けをします。とても美味しいです。たまらないほど、美味しいです。

スクを味噌、酢、醤油で味付けをして頂きました

朝日会の後は、金城正則さんのお家に行って、晩ご飯をご馳走になりました。

石川満さんは、神戸にもって帰るお土産用にと、スクをビールグラス1杯ぐらいを別に分けて持たせてくれました。

スクを味噌、酢、醤油で味付けをして頂きました

すぐに、冷凍すれば、神戸でまたスクが食べられます。

 

2007年7月15日(日)

コメントを残す