台風4号は、沖縄本島に沿って北上し、恩納村も暴風雨圏内に入りました。 第88回沖縄訪問(3)

台風4号は、沖縄本島に沿って北上し、恩納村も暴風雨圏内に入りました。人出は止まり、皆さん台風が過ぎるまで、家でじっと待っています。

【大型台風4号が沖縄諸島を襲い、各地で大変な被害をもたらしました。やはり、沖縄の台風はデッカイです。 その3】

沖縄に台風4号が接近してきた、10時ごろに起きました。外は、もう真っ白と言っていいぐらい、激しい雨のカーテンのようです。

外は、もう真っ白と言っていいぐらい、激しい雨のカーテンのようです

向こうが見えないほどの大雨です。窓を開けて、ベランダに出て、雨の流れを見ると、叩きつけるような雨が、風に舞っています。

しかも、流れが渦巻いているので、ところどころで風の吹き方が変わっていることが、ホテルの窓から見て分かります。

外は、もう真っ白と言っていいぐらい、激しい雨のカーテンのようです

すごい雨の量です。国道58号線の車の姿も、あまり見かけません。

台風4号は、今、930mPaで接近中で、間もなく那覇に近づいてきます

外出を控えたほうが良いようです。台風4号は、今、930mPaで接近中で、間もなく那覇に近づいてきます。

台風4号は、今、930mPaで接近中で、間もなく那覇に近づいてきます

テレビをつけると、沖縄に接近する台風4号の状況が、どんどん飛び込んできます。

テレビをつけると、沖縄に接近する台風4号の状況が、どんどん飛び込んできます

本土の放送局からも、この台風の力の大きさについて、報道されていました。

テレビをつけると、沖縄に接近する台風4号の状況が、どんどん飛び込んできます

沖縄を通り過ぎると、奄美諸島、鹿児島、九州、中国地方へと、台風は移動するはずです。

こうなってくると、日本列島は、台風の大きな影響を受けることになります。よく「台風が上陸する」と言いますが、沖縄地方に台風が来ても、「上陸」と言わないそうです。

九州に差し掛かって、初めて、「台風が上陸した」ということになっているそうです。

今、恩納村前兼久では、ものすごい風が吹いて、ものすごい雨が降っています。横殴りの雨です。とても立って歩ける状態ではありません。

せっかく沖縄に来たものの、外に出られません

せっかく沖縄に来たものの、ご飯を食べに行くことも出来ず、買い物も行けず、もちろん、外に出られません。

せっかく沖縄に来たものの、外に出られません

「さて、どうしようかなぁ」と考えてしまいます。

台風は、ますます勢力を強め、ホテルから見る風と雨は、まるで水のカーテンのように、風になって、雨になって、連続的に降り注いできます。このような時には、もうどうすることも出来ません。

そこで、ビールを飲んで、神戸から持ってきている資料を読んで、少し勉強することにしました。

勉強には終わりがないので、時間があるときには、ちょうど良いことになります。

ホテルでは、外に出られない宿泊客のために、カレーライスとざるソバの2つのメニューを用意して、対応してくれました。

夕方の5時になると、前兼久のいつもの案内の声が聞こえてきます。今日は、台風の影響で学校がお休みなのに、「学校から帰るときは気をつけましょう」とか、「家に帰ったら、お父さん、お母さんと話をしましょう」とか、放送がありました。

今日は学校がないにも関わらず、いつもと同じ放送していることに疑問を感じました。夕方の6時になると、6時の放送があります。

金城正則さんに電話をして、「今日の朝日会はどうするのですか?」と尋ねてみました。今からどうするのか、皆さんと連絡し合って、考えることにしました。

実際のところ、朝日会のテントですることは難しいので、ホテルですることになりますが、ホテルでするには、準備やら皆さんへの案内もいるので、なかなか難しいと思いました。

結果的には、今日の朝日会の開催は、難しいということになりました。珍しく、流会になりそうです。そこで、金城正則さんのお招きによって、金城正則さんのお家に行くことになりました。

利絵ちゃんが、ホテルまで車で迎えに来てくれるのを待っている間、ホテルのロビーで神戸から持ってきたカニを取り出します。今晩は、カニということになります。

7時40分ごろ、利絵ちゃんが、迎えに来てくれました。金城正則さんの家に着いてみると、仲程學さんが来ていて、すでに一緒に飲んでいました。

時間が掛かるので、冷凍のカニを鉄板で焼くことにしました

仲程學さんも嵐で仕事にならなかったようですが、一応、出社したということです。

神戸から持ってきたカニは、冷凍のカニなので、これを解凍する必要がありますが、時間が掛かるので、鉄板で焼くことにしました。

時間が掛かるので、冷凍のカニを鉄板で焼くことにしました

さらに、持ってきた鰻も、今日、頂くことになりました。

最近、中国産のいろいろな問題食材が出ていますが、持ってきた鰻とカニは、産地証明付きの美味しい鰻とカニです。

今日持ってきた鰻は蒲焼にし、カニも焼いて、食べました。とても美味しかったです。クレアちゃんは、カニを食べて、とても喜んでいました。

カニを食べて、鰻を食べて、ビールを飲んで、台風が去ることを待っていますが、なかなか台風は去ってくれません。

ビールを頂きながら、つい1ヵ月前に来たときの話をして、その時に撮った写真を持ってきていたので、お渡ししました。

クレアちゃんは、来るたびに背が伸びているので、先月は頭がテーブルの下だったのが、今回は頭がテーブルを超えているとか、何かと比べると、大きくなっていることが分かります。

沖縄の面白い話も聞きました。沖縄では、前兼久の人たちが、本部(もとぶ)の人と結婚すると、遠い組み合わせと言っているようですが、神戸から見ると、「同じ沖縄の恩納村と本部ぐらいなら近いじゃないかと」思います。

仲程學さん

沖縄と神戸では、考え方も風習も違って、なかなか大変なようです。

夜の9時ごろになると、仲程學さんは、また次の飲み会があるので、次の所に行くことになりました。

仲程學さん

松葉博雄と奥さんは、金城正則さん夫妻を交えて、4人で人生について少し語ることにしました。

「人生とは、どうしてこんなに苦しいことがたくさんあるのか」、「子供たちは、あるいは、自分が子供のときは、こんな苦しみを親が背負っていることを知っていたのか?」という話をしました。

「朝日会はどうして発展していったのか」や、朝日会の役割、朝日会の贔屓のコミュニティとしての役割についても話しました。

これは、沖縄の地域に関する問題でもあります。例えば、那覇では、すでに都会的な暮らしになり、本来の沖縄のいろいろな行事が減ってきています。

マンションに住んで、会社に勤めていると、沖縄の伝統的な行事をすることは、もう無理なようです。

ところが、北部ではまだやっています。「その中間にある恩納村ではどうなんでしょうか?」ということになりました。

「伝統的な行事や習慣を、どうしたら出来るのか?」ということも考えてみました。目の前に迫る現実と伝統の狭間に、皆さんはどのようにしているのでしょうか?

雨はまだ降って、なかなか止みません。台風4号は、もうすでに去ったと情報では伝えられていますが、台風が去った後も、ものすごい雨と風で、歩くことが出来ないほどです。

恩納村前兼久のムーンビーチの近くには、たくさんお店を開いている所があります。お店は、台風が去ったので、少しずつ電気をつけて、お店を再開しています。

夜、10時を過ぎ、11時前になると、お店にいたお客さんはもう帰って、今日の一日の終わりが何であったかを考える時間になっています。

今日は、一日中、ずっと嵐だったので、「皆さん、きっと家で飲んでいるんだろうなぁ」と思います。

松葉博雄も朝からずっと飲み続けで、少しフラフラした感じです。ホテルに帰ると、バタンキューで寝てしまいました。

 

2007年7月13日(金)

コメントを残す