座喜味グスク(読谷村)の側に、琉球の武将護佐丸のお墓があります。素晴らしいお墓です。

座喜味城主護佐丸のお墓は、座喜味城のすぐ近くにあります。ひっそりと林の中に隠れて、お詣りする人も少ない場所ですが、素晴らしいお墓です。 第165回沖縄訪問(6)

 次は中城に行きます。目的は戦国武将護佐丸のお墓にお詣りするためです。

中城のお城の近くに、護佐丸の墓があるそうなので、そちらにお詣りに行く予定です。

座喜味城をつくった護佐丸は、築城の天才と言われています。

生まれた年はハッキリしていませんが、亡くなった年は1458年です。

護佐丸の築城技術は琉球の築城技術の最高峰だと言われています。

資源に恵まれない沖縄で、手に入れられる物を使って、創意工夫して、難攻不落の城を作っています。

護佐丸が活躍したのは1400年頃です。

日本では室町時代、中国大陸では明の時代です。

護佐丸は一時、山田城(恩納村)の領主でした。

護佐丸は、尚巴志に協力して1416年、今帰仁城を攻め落としました。

今帰仁城の草は血で染まったと言われています。

この闘いで活躍したご褒美として、護佐丸は座喜味を領地としてもらっています。

護佐丸の墓に通じる道は、高い丘の上にあります。

護佐丸を慕う現代の人達によって、墓に通じる道は整備され、コンクリートの階段になっています。

階段をゆっくり上がっていきます。昔の林が残っていました。

なかなかきつい階段で、途中で休みながら上がりました。

この護佐丸の墓は、今では沖縄で一番古い亀甲紋の墓だそうです。立派な墓です。

550年もこれだけもつのは大したものです。

平和な島のように思えても、沖縄の歴史は戦国時代があり、各地の豪族が闘いあって、沖縄統一をしています。

沖縄は琉球と言われ、琉球王朝が成立するまでは、沢山の戦死者が出ています。

どんな闘いだったのか、頭の中で想像しながら お墓の上の段に上がってみました。

お墓からは宜野湾が見えました。

日当たりがよくて、お墓はこういう所に作ってもらえたら良いと思います。

昔から勢力を持っている人が好むお墓は、南向きの斜面で、出来たら海が見える場所、海がなければ川が見える場所、そして集落が見える場所が好まれています。

そういう価値基準から見ると、護佐丸の墓は、海が見えて日当たりの良い南向きのお墓です。

12月でも沖縄の直射日光にあたると、じわっと汗が額に滲んできます。

ここちよい汗です。

沖縄に来る観光客の中で、沖縄の歴史に興味があったり、沖縄の歴史の中の武将に興味があったり、護佐丸のような強い武将に興味を持って、そのお墓まで尋ねる人は、全観光客の中の1%以下です。

もっともっと低く、0.001%かもしれません。

静寂の中で、建立当時のままの護佐丸の墓の前で、ゆっくりとした時間を過ごしていると、もっともっと沖縄の戦国時代の歴史も知りたくなってきます。

そうとうゆっくりとした時間を過ごして、この後護佐丸のお墓を去る事になります。

もうこのお墓に来る事はないと思うと、もう一度振り返って、護佐丸のお墓に一例をして、階段を下りていきます。

護佐丸のお墓にお詣りをして今日の予定は終了です。

ホテルに帰ります。 

コメントを残す