シェラトン沖縄サンマリーナリゾートホテルは、改装して綺麗になっていました。

シェラトン沖縄サンマリーナホテルの特長は、ホテルのロビーも、ホテルの外構も、海水が引き込まれています。第162回沖縄訪問(5)

6月12日(月)、起きてみると、外は雨です。

11時に片山正喜さんがホテルに迎えに来てくれて、これからどこに行くか考える予定です。

本来、今日は南部に行く予定でしたが、大雨になったので、屋外にいくのはちょっとまずいということになり、この近くのホテルに行く事になりました。

まず最初にいくのは、シェラトンが経営に参加したシェラトン沖縄サンマリーナリゾートです。

以前は全日空ANAが経営していましたが、ここに森トラストが入って、シェラトンと共同運営しています。

シェラトンホテルの内部は、全面改装した様子で、とても綺麗になっています。

すぐ近くの浜辺から、海水を引き込んで、部屋の中まで海水を通しています。

ムーンビーチホテルのようにテラスの中に中庭の池を作って、その池の中に魚が泳いでいるのです。これは綺麗でした。

そして、ホテルの周辺も以前に海水を入っていましたが、一層整備して綺麗になっています。

中の吹き抜けはサンマリーナホテルはルネッサンスホテルと似たような感じなってきました。

ホテルをぐるっと回ってみます。各ホテルのいいところを取り入れている感じがしました。

ここで食事をしようと思って、ザ・グリルでカレーがあるか尋ねてみました。

カレーはないそうです。

外の浜辺に出てみました。浜辺には雨のせいで人影は見当たりません。

今日泳いでいる人ももちろんいません。

これからは夏のシーズンにむかって、たくさんの人がこちらで海水浴を楽しむと思います。

とても綺麗になっているので驚きました。

周りをぐるっとまわって、シェラトンホテルは終わりです。

従業員の人に尋ねてみました。

サンマリーナホテルからシェラトンに移って、どのように労働環境が変わったのかという質問に対して、基本的に従業員はそのまま引き継いだそうです。

大きく変わったことはないそうですが、顧客サービスの教育はしっかり受けているそうです。

とてもテキパキとした対応をしています。やはりサービス業は従業員教育が大切です。

沖縄リゾートに宿泊に来られるお客様は、中国の方が多いようです。

ホテルのロビーでも、中国語が聞こえてきました。

ホテルの中の掲示板にも、これまでの英語と並んで、中国語の表示が目立っていました。

2017年6月12日(月)

コメントを残す