金松のステーキは、本当に美味しいのか?論争中です。

金松のステーキは、ステーキ・サラダ・ごはん・アイスティーがついて、200gのステーキで1800円です。 第160回沖縄訪問(17) 社長ブログ沖縄/美味しいお店/ステーキハウス金松

金松論争があります。

その内容は、金松のステーキは、ほかのステーキに比べて、同じ価格なら美味しいかどうかの論争です。

松葉博雄と片山正喜さんは、おいしい派です。

これに対して、金城正則さん、金城千賀子さん、そしてうちの奥さんは、否定派です。

もちろん、うんと高い値段を出せば、霜降りのおいしいステーキを頂くことはできますが、

金松の値段は、200gのステーキで、1800円です。

アツアツの鉄板皿に、音が聞こえてくるような、じゅうじゅうという熱気をたてて、ステーキが焼きあがりました。

かけるソースは、A-1ソースです。

もちろん、すりおろしにんにくもドレッシングに必要不可欠です。

とても嬉しそうなので、家族にも写真を送りたいと言われ、ご満悦のポーズです。

200gのステーキはちょうど食べごろのサイズで、これにご飯かパンがつき、サラダとスープもセットになっています。

金松で食事を終えると、前兼久に戻り、金城家の仏壇のある金城正浩さんのお家に、今夜のご先祖様の見送りに、お参りをさせてもらいました。

一軒一軒に、元気なエイサーの踊りでご先祖様を送り出すのが伝統です。

そのため、すべての家を回り終わるのは、以前は、夜明け前とか、午前4時くらいは普通だったそうです。

今夜は帰宅の準備があるので、深夜までのお参りができませんでした。

コメントを残す