占い師の予言 朱塗りの御殿に鯉が泳ぐ家を建ててくれるお告げは、こんな御殿でしょうか?

残波ロイヤルホテルの横の沖縄そばの花笠は、沖縄そばがうんと太めで、固いです。第160回沖縄訪問(8) 社長ブログ沖縄/沖縄ソバ/花笠

タバタで、マリンスポーツ用の遊び道具を調達した後は、U君のお父さんが運転する車と、片山さんの単独の車の2台で、残波ロイヤルホテルのそばにある、沖縄そばの花笠に寄って昼食です。

昔、私の幼い時は、ご飯を食べた後は、一時間くらいは泳いではいけないと言われていました。

今日は、シュノーケルの先生と、水泳の先生と、外科医の先生と、眼科の先生が揃っていて、しかも、遠浅で背の届く場所で練習をするので、細かいことは言いっこなしです。

花笠のお店の前には、お店を囲うように池が彫られています。

お店をまたぐように、橋がかかっていて、橋の上に立つと、大きな鯉たちが、ここに来れば餌がもらえると、条件反射のように集まってきています。

リッキー君たちも、片山正喜先生に指導を受けた時は、この場所で沖縄そばを食べたそうです。

沖縄そばは、店によって随分と味が違います。

面の太さも、だしの味も違います。

花笠の沖縄うどんは、太麺で、固くて、私には合いません。

うどんのような、そばのような、そばがいいです。

そう思っても、周りには、お客様がいっぱいで、みなさん美味しそうに食べています。

食べきれないそばを、外の池にいる錦鯉たちにあげたら、このそばも役に立つのになぁと思って、

レジの女性の方に、この残ったそばを、錦鯉にあげていいですか?と確認すると、

だめです!と却下されました。

錦鯉の方は、橋に誰かが立てば、何かおいしいものがもらえると、期待をもって集まっているのに、このそばをあげられないのは、残念です。

昔から、占いの先生のお告げでは、あなたは家族に恵まれています。

子供たちはいつか両親に感謝して、家の周りに池があり、廊下からでも、下の池に鯉が泳いでいる姿が見えるような、朱塗り御殿を建ててくれるでしょう。と、お告げがありました。

それは、占い師の方がいつかそうなると、私の名前と手相で占った結果です。

コメントを残す