ムーンビーチホテルで、しゃぶしゃぶ食べ放題を頂きました。

ムーンビーチホテルのロビーは、子供達が喜びそうな、ヤドカリ、カブトムシ、イソギンチャクとクマノミが、並んでいます。 第160回沖縄訪問(2)

恩納村前兼久のホテルに入ると、先発組の、長男家族と一緒に、夕食に出かけます。

夕食は、ムーンビーチホテルのレストランで頂く事にします。

ムーンビーチホテルには、これまでに何度か来ています。

ここなら、幼児のリッキー君やKちゃんが一緒でも、気兼ねなく食事が出来ます。

お盆休みなので、家族連れの宿泊客で溢れています。

家族用のレストランに入ると、食材が展示されています。

炉端焼きのように、選びたいお魚が並んでいました。

ミミジャーというのは、ヒメフエダイで、タマンというのは、フエフキダイの事です。

もうほとんど売り切れ状態だったので、お魚料理は見送って、食べ放題のしゃぶしゃぶを選びましました。

しゃぶしゃぶというのは、薄い肉を、熱湯につけて、箸でつまんだお肉を、熱湯に、しゃぶしゃぶと揺するようにして、軽く湯通しをしたお肉を、ぽん酢や、ごまだれで頂く料理です。

と思って選んだら、沖縄のムーンビーチホテルのしゃぶしゃぶは、ちょっと神戸とは違っていました。

ここのしゃぶしゃぶは、箸でつまんで、熱湯でしゃぶしゃぶと揺するくらいでは、熱が通らないほどの分厚い牛肉です。

ホーコー鍋に牛肉をしばらく漬けておいて、お肉が食べられるまで加熱します。

何しろお肉は分厚くて硬くて、かなりの加熱をしないと、食べられないようなお肉です。

これなら、食べ放題としても、そんなに食べられるお肉ではありません。

お肉の他には、野菜もありました。

うどんとご飯も、セットに入っていて、これも食べ放題です。

リッキー君は、少しずつ食べ盛りになっているようで、お肉もうどんも、大人並みに食べていました。

食べ放題のしゃぶしゃぶを食べ終えると、ムーンビーチホテルのロビーで、金網の箱に入っている、カブトムシや、カミキリムシの様子を、リッキー君と一緒に見ました。

ムーンビーチホテルは、増え続ける外国人観光客に、感動を得ようと、各場所でリフォームをしています。

海に面した広場には、屋外プールも出来ています。

ロビーに流れる音楽は、ハワイの音楽で、浜辺に続くガーデンは、夜間照明が綺麗に輝いています。

もう一つ目を惹いているのは、小型水槽の列です。

でっかい水槽は維持が大変なので、60cmや90cmの、比較的小さな水槽に、イソギンチャクとクマノミが、共生している様子が見えるように、照明を強くして、目を引いています。

ムーンビーチホテルのロビーには、名物の吹き抜け階段に、ポトスが上から下に向かって伸びています。

まるで、緑のカーテンです。

夏休みの子ども向けに、やどかり牧場がありました。

これには、リッキー君が反応しています。

子供達が、思い思いのヤドカリを選んで、ヤドカリに、セパレートコースを利用した、競争を仕掛けるような遊びを用意して、子供達が夢中になるようになっています。

しかし、やどかりは思うようには競争意識を持ってくれません。

コメントを残す