前兼久ハーリー2016の優勝は、ホテルムーンビーチチームでした。

恩納村の、外間毅副村長さんと、金城正浩さんのお宅でご一緒しました。第159回沖縄訪問(12)

前兼久ハーリーの朝日会のテントでは、宇室久美子(うむろくみこ)さんを中心に、料理作りが進んでいます。

朝日会の会員が持ち寄った、畑で取れた野菜や、那覇の市場で買ってきた、魚を一緒に煮込んでいます。

朝日会のテントには沢山の人が寄ってきて、中には初めて見るお顔もあれば、ハーリー祭の時だけお会いする方も居ます。

普段、あまり人が集まらない朝日会のテントにも、ハーリー祭の日には、驚くほどの人が集まってきます。皆さんの集まる理由は、

①美味しい料理

②冷えたビール・飲み物

③合いたい人を見つけに

前兼久ハーリー祭では、テント毎にごちそうが用意されています。

まるで学園祭の模擬店のように、思い思いの料理が来客用の人数まで用意されています。

どこに行っても、ごちそうがあるので、感動は低下します。

公民館からも、たくさんの料理が提供されています。

食べて飲んでばかりいると、ハーリー祭のメインイベントである、決勝を見逃しては大変です。

ハーリー祭がある頃が、例年、沖縄の梅雨明けと不思議に一致しています。

今日も、梅雨明けのようなかんかん照りの天気です。

予想通り、決勝には、ホテルムーンビーチが勝ち残っています。

優勝は、ホテルムーンビーチチームでした。

決勝が終わると、場所を移り、金城正浩さんのお家に行きました。

金城正浩さんのお家には、恩納村の外間毅副村長さんが来られていました。

金城正浩さんの言っていることは聞き取りにくく、耳が遠いので、会話にはかなり根気と努力が必要です。

時には通訳として、奥さんの金城初子さんの登場をお願いしないと、意味不明の会話になります。

外間毅さんと金城正浩さんのお付き合いは長く、恩納村が色々公共工事をするときに、金城正浩さんは、建設会社の現場監督として、難しい工事を取り仕切ってきたようです。

次は、金城正則さんのお宅に移動です。

ハーリーの日には、金城正則さんのお家にも親戚縁者の方が沢山来られて、大賑わいです。

金城家では男の子が2人できたので、今の話題は、子ども中心の話題になっています。

いったんホテルに戻り昼寝した後、太陽が西の空に沈む頃、再び起きて、また金城家を訪問しました。

我空我空(わんから)の社長、玉城惇雄さん夫妻が来られました。

ここでまた、乾杯です。

ハーリーの日は、朝から飲み始め、昼も飲んで、一休みしてまた夜も飲んで、これでは肝臓がたまりません。

少しは肝臓を休ませてあげないといけないと思いつつも、年中無休が続きます。

9時を回ると、そろそろ金城家からホテルに戻る時間です。

今夜も金城千賀子さんにたくさんおもてなしを頂きまして、ありがとうございました。

2016年6月

コメントを残す