沖縄県会議員選挙結果です。国頭郡の2位は具志堅 透氏8078票、次点の3位は吉田 勝弘氏7944票で、その差は134票の僅差です。

ハーリー祭の前夜は、宮入一芳さんと、寿司のずけやまでお寿司を頂きました。第159回沖縄訪問(10) 社長ブログ沖縄/前兼久ハーリー祭前夜/ずけやま

名護のブセナテラスホテルから、前兼久に帰ってきて、金城家に寄ります。

金城正浩さんのお家の前は、前兼久漁港の入り口です。

その入り口には、明日のハーリー祭りを飾るゲートが出来ています。

松葉博雄の奧さんは、スイカが食べたいと、遠慮もなく金城家で昨日買ってきたスイカを切って出して貰いました。

スイカを食べながら琉球新報を読んでいると、6月5日の投票日の沖縄県会議員選挙の選挙結果が掲載されていました。

新聞によれば、恩納村前兼久は国頭郡の選挙区で、定員2名に対して4名が立候補しています。

当選は、平良昭一さんと、具志堅透さんの2名で、現職の吉田勝広さんは落選です。

更に得票数を見てみると、2位は8078票、次点の3位は7944票で、その差は134票の差です。

ほんの僅かな差なので、テレビの報道番組では、一時、次点の吉田勝広さんを当選確実としたそうです。

ホテルに帰って、ムーンビーチ沖を見てみると、大変潮が引いて、向こうの珊瑚礁が波の上に姿を現しています。

区長の金城正則さんは、明日はハーリーなので、今日はその準備の為、てんてこ舞いの忙しさだと思います。

もう前兼久漁港には、車で近づく事は出来ません。

夕方、少し昼寝をした後、電話で連絡をとりあって、宮入一芳さんとムーンビーチホテルのずけやまでお寿司を頂く事にしました。

宮入一芳さんは、今回奧さんと一緒に来るというお話でしたが、事情があって後から遅れてくるそうです。

ハーリーが終わった後到着するそうです。

お寿司だけでなく、他の料理も頂きながら泡盛を頂いています。

奧さんは、宮入一芳さんの奧さんとお会いできることを楽しみにしていたのですが、今回は入れ違いになるということで、残念な結果です。

ずけやまの主人は無口であまり愛想のない人ですが、それはそれで性格が分かれば気にしなくてもいいようです。

お客さんに目配りが出来ていて、そろそろあれが食べたいなぁと、ちょっと目で合図しただけで、ちゃんと気持ちが通じればそれでいいのです。

ちょうど向こうの席に、前村長の志喜屋文康さんがお知り合いの方ときていました。

志喜屋文康さんと初めてお会いしたのは、村会議員の糸数昭さんが、名嘉真地区の産業まつりで紹介してくれた時です。

ご一緒の方はプロ野球の選手と、その関係の方だそうです。

松葉博雄はプロ野球には興味がないので、有名な選手であっても名前は分かりません。

二次会はホテルの最上階の席に行きました。

いろいろお話をして、九時を過ぎたのでお開きです。

25年以上も前に前兼久に来たときは、国道58号線に面する前兼久の地区のお家は、昔の家が沢山残っていました。

それがリゾート法の制定もあって、恩納村前兼久は、ネオンが輝くストリートに変貌しています。

一時は、土地の値段が、坪あたり100万円ほどに上昇した時代もあったそうです。

ホテルは次々に建設され、観光客はどんどん増えてきています。

内地からの観光客は、頭内になった時に、中国・韓国・台湾からの観光客が急増し、観光客をターゲットに飲食店もどんどん増えています。

今の前兼久の飲食店は、内地並のお値段になっています。

2016年6月7日(火)

コメントを残す