石川満さんの、CAFEBAR Z1のあるアパートを通って帰ってきました。

月桃の苗を求めて、農産物販売所に寄ってみました。 第158回沖縄訪問(24) 社長ブログ沖縄/恩納村/カフェバーZ1のアパート

百名伽藍の後、恩納村前兼久に帰ります。

運転は、ビールを飲んでいない片山正喜さんにお願いしています。

自分がハンドルを握っていれば、好きなところに車を停めて、気になる物を見て回ることが出来ますが、片山正喜さんが運転してくれているので、そんなにあちらこちらに寄るわけにはいきません。

でも、どうしても寄りたいところがあれば、止めてもらいます。

見つけたのは、農産物を売っているお店です。

かなり大きな店舗で、農産物や、これから植える苗などもありました。

買って帰りたいのは、パパイヤの苗や、出来たら月桃の苗です。

トマトの苗は、沖縄ではもう終わりの頃なのです。

値段も下がって、桃太郎で一鉢50円です。

バナナの房も売られていました。

何段も房が連なっているバナナは、重さも重く、値段も高く、これで2060円です。

月桃の苗はないか、広い店舗を隅から隅まで何度も探してみましたが、切り花として月桃は売られていましたが、根がついた月桃の苗は、売られていませんでした。

月桃の切り花の値段は、100円程度です。

これに根がついていたらいいのになぁと思いながら、お店の方に、根のついた月桃はありませんか?と尋ねると、根のついた月桃なら、畑に沢山あると言われました。

そのおじさんが、ちょっと待って、今畑にいって、根のついた月桃をとってくるからねと、こういってくれたら大満足ですが、そんな話にはなりませんでした。

沖縄本島の南部から中部の恩納村に戻るには、高速道路を使います。

南部と中部と北部は、微妙に生活空間が違います。

前兼久に戻るには、高速インターは石川で降ります。

ここから前兼久に戻るまで、林道を走る軸があります。

海が見える小高い丘に、石川満さんが建てたアパートがあります。

前回、アパートの一階にある、カフェバーZ1を訪問しましたが、あのときは、夜で周りが見えませんでしたが、今日は夕方なので、周辺の事情もよく見え、アパート全体も外観が解りました。

カフェバーZ1があるのは、小高い丘の上で、ここからは東シナ海が見えます。

冨着の丘は、沢山の緑地に囲まれていて、耳を澄ませば小鳥の声も聞こえます。

空気も綺麗で、雨が降った後の山の木は、緑が一層生えて、空気まで清々しく感じられる地域です。こんな落ち着いた場所で、海を見ながら、ゆっくりお酒を飲みながら、友達と語り合うのにとってもいいスポットです。

2016年4月21日(木)

コメントを残す