百名伽藍の浴室は天空の湯です。西行庵、円空庵と、方丈庵、一休庵、長明庵、良寛庵と命名されています。

百名伽藍の天空の湯につかると、自然の時の流れの中に身を任せる、自然人のような気持ちになりそうです。 第158回沖縄訪問(20)  社長ブログ沖縄/百名伽藍/客室見学

百名伽藍で、宿泊用のお部屋を見せてもらっています。

白隠の間(はくいんのま)を見学し終えると、次は別の部屋に移動です。

宿泊客同士は、出来るだけ顔を合わさないように、各部屋がセパレートになっています。

ここは沖縄の南部の地区なので、部屋の周りの小さな坪庭にも、沖縄らしい植物が植えられています。

多分、内地から百名伽藍に宿泊に来た方は、この坪庭をみるだけでも、南国の雰囲気を感じられると思います。

一つ一つの部屋には、百名伽藍らしく、仏教に関わる固有名詞が表札のように掲げられています。

一つは、西行法師の名前をとった西行庵です。

西行法師は、侘びや寂びを大事にした、物の哀れを求めた方です。

「都にて 月をあはれと おもひしは 数よりほかの すさびなりけり」 月を“あはれ”と思っていたのは物の数ではない すさび(遊び,暇つぶし)であった と詠んでいます。

西行庵も、円空庵も、庵となっていても、実はお風呂なのです。

一組ずつお客様が個別にお風呂に入れるように、独立したお湯を用意して、ここから海を見たり、月を見たり、沖縄の空気を感じるように、ゆったりとしたお風呂になっています。

中に入ってみます。

浴槽は檜造りです。庵の中には、仕切りは何もありません。

ここに来れば、ただただお風呂に入る事が、浮き世を忘れて自然に溶け込む場所のようです。

お風呂での問題は、外から見られることですが、西行庵も、円空庵も、前は海で、外から見られることはないようです。

百名の浜辺は遠浅で、潮が満ちてくると、苔が生えた岩が消えていき、潮が引くと、また岩は水面から現れてきます。

終わりのない潮の満ち引きは、人生は次々に引き継がれて、命が過去から現在、そして未来へ続くように、悠久の時の流れのようです。

今は明るい昼間ですが、やがて日が沈んで、周りが暗くなってくると、この西行庵や、円空庵の雰囲気は、一変するようです。

足下の小さなフットライトに明かりがつくと、幽玄の世界が始まります。

一刻一刻の時間の流れが、自然の変化として感じるようになり、この浴槽に浸っていても、自分も自然の流れの中に、抱かれている事が伝わって来そうです。

天空の湯は、全部で6つあります。

名前はそれぞれが、西行庵、円空庵、方丈庵、一休庵、長明庵、良寛庵と命名されています。

6つの内5つは著名な僧の名前ですが、方丈庵だけは、僧の名前ではないようです。

天空の湯の一つ一つは、名前は違っていても、コンセプトは全て同じようです。

誰にも気兼ねなく、ゆっくりと沖縄の海を見ながらお湯につかり、まわりの環境をゆっくりと愛でる事ができます。

6つの天空の湯を一巡して、百名伽藍の天空の湯が、一度はお湯に浸かってみたい憧れのお風呂のように感じましたが、このお風呂のお湯は、天然温泉ではないそうです。

2016年4月21日(木)

コメントを残す