百名伽藍のオーナー総支配人渕辺美紀さんからご招待を頂きました。

百名伽藍の副支配人池田加代子さんが、テーブル席に前回のお詫びに来られました。 第158回沖縄訪問(17)/社長ブログ沖縄/百名伽藍招待

沖縄の百名伽藍のオーナー総支配人 渕辺美紀さんから、お手紙を頂きました。

お手紙には、前回百名伽藍で食事をしたとき、接遇に問題があって、それを現場従業員から報告を受けたそうです。

その結果、総支配人として、お詫びのお手紙を頂きました。

そして、もう一度百名伽藍に来て頂きたいというご招待も頂きました。

そこで前回と同様のメンバーで、百名伽藍を訪れました。

百名伽藍に行く前に予約の電話をして、ご招待を頂いた旨を伝えました。

時間の約束もあり、正確に時間通りになるように、片山正喜さんの運転は慎重でした。

時間通りに百名伽藍に到着すると、既に建物の玄関前には、出迎えの担当者が到着を待ってくれていました。

4月のこの時期は一年の中でも最も潮が引く時期で、普段水面に現れないところでも、一年に一回、水面から姿を現す珊瑚礁もあります。

この潮が引く現象を、沖縄の八重干瀬祭で体験しました。

前回、百名伽藍に訪れたのは2月でしたが、あれから2ヶ月経って、気温も変わり、初夏のようなお天気です。

今日のランチコースは、行雲コース、両忘コース、季節の特別ランチのいずれかです。

席に案内されてテーブルに着くと、最初に副支配人の池田加代子さんがご挨拶に来ました。

先日の接遇のお詫びを言われ、今日はごゆっくりランチをお楽しみ下さいと言われました。

先付は、旬菜三種盛りです。

松葉博雄はビールで、奧さんは赤ワインです。

片山正喜さんは申し訳ありませんが運転があるので、お茶になります。

お造りは、海鮮三種盛りです。

百名伽藍の席からは、潮が引いた海が遠くまで見えて、誰か男性の方が、岩伝いにかなり沖の方に歩いて、何かを探しながら、ゆっくりと進んでいます。

煮物は、近海魚のマース煮です。

マースとは潮なので、潮煮です。

今日は接遇がとっても丁寧です。

サービス係の方は、席のあるホールの端の方からこちらを注意深く見つめています。

もし声をかければ、手を挙げれば、すぐに席に来られるような待機でした。

2016年4月21日(木)

コメントを残す