宜野座村松田鍾乳洞に行きました。

松田鍾乳洞は、松田地区体験交流センターに申し込んで入ります。 第157回沖縄(18) 松田鍾乳洞 松田地区体験交流センター/松田鍾乳洞/宜野座村

宜野座村には、松田鍾乳洞があります。

松田鍾乳洞に行くには、松田地区体験交流センターに声をかけて、案内をしてもらいます。

もし、案内を望むのであれば、ガイドがつきます。

松田地区体験交流センター

松田鍾乳洞付近

鍾乳洞の前には、何かを祀っているお堂がありました。

松田鍾乳洞は、地下にあります。

鍾乳洞は、地下に流れる水の力で作られています。

メーガー遺跡と大蛇

この鍾乳洞には言い伝えがあります。

昔、この洞窟に大蛇が住んでいて、村の人達は恐れていました。

村の人達は、首里のお坊さんに大蛇の退治を頼みました。

お坊さんはお経を唱えて大蛇を退治したと言われています。

その後そのお坊さんは、村の娘を嫁にもらい、この松田の地区で一生を過ごしたそうです。

松田地区体験交流センターから、鍾乳洞への道

かなり鍾乳洞は大きそうです。

案内を頼まないで、自分達だけで鍾乳洞の入り口に行ってみました。

松田鍾乳洞の入り口

鍾乳洞の正式な入り口は、柵が閉まっていて、自由には入れません。

代わりに鍾乳洞の入り口を、ちょっと覗くだけの場所はありました。

水が流れている川底の部分から、さらに奥に入ることができます。

沖縄にはあちらこちらに鍾乳洞があって、古代人の住居に使われていたり、お酒を貯蔵する場所に使われたりしています。

入り口を外から、ちらっと見える場所から、大きな鍾乳洞に入る正式な入り口の場所に移動します。

松田鍾乳洞に入るには

鍾乳洞の入り口は整備されて、柵が設けられ、先ほどの松田地区交流体験センターに申し込まなければ、中には入れません。

入場料は、大人も子供も一律で一人3000円です。

鍾乳洞に入るには、案内の人だけでなく、明かりや防水服が必要です。

これは、用意されているそうです。

自分たちだけで回る安直な鍾乳洞巡りを終えて、もう一度駐車場に戻る途中にお堂があったので、お詣りをしました。

お堂は、誰を祀っているのか、何の神様なのか、掲示はありませんでした。

この後、この地域の人達が、夏の暑い時、皆が集まって浜辺で涼をとる、地域の人達だけの浜辺に行ってみます。

ほとんど知られていない浜辺です。

地域の人達の憩いの為に手入れは出来ていて、夏ならこの浜辺で泳いだ後は、トイレやシャワーを使うことができます。

2月の寒さなので、海に入ることは出来ませんが、潜りにきてみたいところです。

今日のお天気で芝生は輝いて、もうしばらくして気温が上がれば、夕方にはこの浜辺に来て、芝生に寝転んで、冷えたビールを飲んだら、きっと癒されるだろうなと思います。

観光地ばかりが沖縄ではありません。

各地域には、地元の人が利用する小さな公園や浜辺があります。

こんなところに、土地の人達と親しくなって、一緒に楽しみたいものです。

2016年2月

コメントを残す