沖縄国際洋蘭博覧会は熱帯ドリームセンターで開催されています。

 内閣総理大臣賞は、斉藤正博先生です。第157回沖縄(13) 社長ブログ神戸/沖縄観光/沖縄国際洋蘭博覧会

沖縄国際洋蘭博覧会に来ています。場所は、沖縄海洋博覧会の敷地の中にあります。

これまで、 熱帯・亜熱帯都市緑化植物園には、なんども来ています。

過去に訪れた時のドリームセンター

【2010年2月】

内閣総理大臣賞を受賞されたのは、沖縄県糸満市の荒垣紫吉さんです。

顔写真入りの紹介プレートが、添えられていました。アングレクム属の洋蘭です。(≫ブログを読む)

 

【2004年9月】

一枚の絵のように美しく鑑賞できる景色でした。

一枚の絵のように鑑賞できたのは、沖縄海洋博公園での美しい植物たちです。(≫ブログを読む)

 

沖縄国際洋蘭博覧会2016に行ってきました。

沖縄国際洋蘭博覧会は、今回で30回目を迎えるそうです。

国際蘭展としては日本で最も古い歴史をもっています。

全国各地、国外からも多くのランが集まる県内最大級の花のイベントで、国内の蘭展で唯一「内閣総理大臣賞」を授与される受賞株は必見です。

開催30回目を記念し、「アニバーサリー・オーキッド〜記念日にはランを〜」をテーマに、華やかなランの装飾で幻想的な世界を演出しています。

30周年記念展示や蘭に関する講演会や栽培相談コーナー、ミニ生け花・コサージュ教室、子供も楽しめるスタンプラリーや蘭プレゼントクイズ、タイ王宮舞踏や大道芸、テーブルアレンジメント、フラワーデザイン展示など、蘭に親しめる数々のイベントも同時開催されていました。(全て無料(入館料のみ)のイベントだそうです。)

熱帯ドリームセンターの中は、保温されているので、着てきた服が暑苦しくさえ思います。

内閣総理大臣賞のところに来ました。

受賞したのは、お馴染みの斉藤正博先生です。

淡路島の奇跡の星の植物館でも、最優秀賞でした。

出展した人の名前が、鉢についています。

この人達は、きっと、自分の蘭を観に来ていると思います。

これから、私の好きな場所に行って、私の好きな時間を楽しみたいと思います。

私の好きな場所は、国際洋蘭博覧会の会場の一部になってしまい、近づく事が出来ませんでした。残念です。

好きな場所とは、部屋からガラス過ごすに見る、池のある植物園です。

熱帯ドリームセンターに入った最初の頃は、一つ一つ、丹念に見て回っていましたが、あまりにも沢山の蘭の鉢が展示されているので、いつの間にか、すばやく見るようにかわっています。

沖縄国際洋蘭博覧会 開催日時

今年の開催期間は、平成28年1月30日(土)〜2月7日(日) 8:30〜17:30で、

場所は、熱帯ドリームセンター 及びその周辺、 熱帯・亜熱帯都市緑化植物園です。

沖縄国際洋蘭博覧会の入場料金

熱帯ドリームセンター入館料のみ(大人690円、小人350円)※6歳未満は入館無料

※沖縄美ら海水族館チケット提示で入館料金の割引あり(大人340円、小人170円)

入って来た蘭の花のトンネルを、もう一度くぐって、外に出ます。

ベンガルカヅラが回廊の屋根から、歩道にまで伸びて、ベンガズラの通る人の目を惹き付けます。

お店の開店や、誕生日のお祝い、周年記念などを飾る胡蝶蘭が、これだけ揃えば、豪華です。

かなりゆっくり会場を回っていると、足がくたびれてきて、どこかで休みたくなります。

十分に洋蘭を堪能したので、前兼久に帰ります。

2016年2月

コメントを残す