美味しいご飯の炊き方 鉄釜の蓋に穴を開けると、沸騰を緩和し、煮こぼれの流出を防げます。 

鉄釜の蓋に穴を開ける セレドア・レビット先生を思い出します。 第157回沖縄(7) 社長ブログ神戸/鉄に穴をあける/釜でご飯を炊く

沖縄に来ると、自炊をする事があります。ご飯を炊く釜は、鉄釜です。

一般的には、釜の蓋は重い木で作った蓋です。私の場合は、蓋も鉄製です。

ご飯を炊いていると、沸騰が始まり、煮汁が流れだしてしまう事があります。

蓋をあけておかないと、ご飯の旨みである煮汁が流出してしまう事があります。

これでは美味しいご飯は出来ません。

蓋を開けないと沸騰して、煮汁が流れているので、つい蓋を開けてしまいます。

蓋を開けると、今度は温度が下がり、美味しいご飯の味が落ちてしまいます。

ここがジレンマです。蓋を開けるか、煮汁を流してしまうかのジレンマです。

そこで考えたのは、鉄鍋の鉄の蓋にドリルで穴を開けたら、沸騰した蒸気は多少抜けて、鉄釜の中の気圧が下がるのではないかと予想します。

問題は鉄製の蓋に、どのようにして穴を開けるかです。家庭用の電気ドリルでは、固い釜には刃が立ちません。

次に、ドリルで開ける穴の大きさです。

マーケティングの有名な事例で、ドリルの話があります。アメリカのセレドア・レビット先生は、マーケティングの本である、『マーケティングの発想法』において、次のような例を教えています。

穴を開けたいと思う消費者は、ドリルを買って穴を開けます。しかし消費者が本当に望んでいる事は、ドリルを開ける機械ではなくて、ドリルを使って開ける穴そのものです。

つまり、消費者はドリルが欲しいのではなくて、穴が欲しいのです。

しかし穴は売っていません。この話は、マーケティングを考える時、そもそも消費者が欲しい物は何かという事例です。

ドリルを買いに行くのではなくて、穴を開けてくれる、鉄工所を探しました。ドリルで穴を開けてもらうように、頼みに行った先は、具志川鉄工です。

具志川鉄工所では、社員の方が何人かいて、それぞれが目の前の仕事に取り組んでいます。

面識のない具志川鉄工所に飛び込みで入り、作業に取り組んでいたある一人の方に、鉄釜の蓋を見せて、「これに穴を開けてもらえませんか?」と、頼んでみました。

突然現れて、本来とは違う仕事を依頼されたら、今仕事中なので困りますと、断られるかなぁと思いながら、おそるおそるお願いしてみると、作業員の方は、無言で鉄鍋の蓋を取り、じっとみつめています。

しばらくして、どのくらいの大きさで、どのへんに穴を開けたらいいのか、聞き返してきました。

4mm~5mmくらいの穴を、鍋の蓋の端の辺りに開けてもらうと助かりますと、お願いしました。

穴を開ける機械がある場所に移動して、黙って作業に取りかかります。

工具を選んで、4mmの穴が開く、固い鋼の針に付け替えて位置を定めて、穴を開ける場所をじっと見ています。

穴を開ける前には、摩擦を軽減させるために、何か油のような物を塗っていました。

すぐに穴は開きました。鉄工所の日常的に使われている機械であれば、穴はすぐに開きました。

おいくらお支払いすればいいでしょうか?とお礼を尋ねると、作業してくれた方は、代表者の方を指さして、「あの人に聞いてちょうだい」と言います。

言われた代表者の所に行き、頭を下げて、「助かりました。ありがとうございました。お礼はいくらお支払いすればいいでしょうか?」と尋ねると、「いいよ」と言われました。

つまり、穴を開ける作業手間は、要求されませんでした。

4mm程度の小さな穴を開けた蓋は、ガスでご飯を炊いても、膨張した空気が抜けるので、蓋が外れることもなく、蓋を開けて、熱膨張を冷ます事もなく、蓋をしたまま、ご飯を炊く事が出来ました。

煮こぼれもないので、熱々ご飯の旨みは、しっかり残っています。

いつ蓋を開けるか、火力をどのくらいにするか、何分くらい火を続けるか、こんな心配をしないで、熱々の美味しいご飯を炊けるようになりました。

コメントを残す