うちなーファームは、糸満市摩文仁にあります。

糸満市平和記念公園の隣には、広い芝生と子ども用の遊具が揃っています。 第156回沖縄訪問(4) 社長ブログ神戸/沖縄 孫ブログ/うちなーファーム

うちなーファームが始まるのは、普通は朝9時から夕方6時までです。

今はイルミネーション設備を活用して、開園時間を繰り下げし、夜遅くまで開園しているようです。

その為、しばし、平和記念公園で時間つぶしです。

平和記念公園の敷地の外に無料の遊戯施設があり、午後3時の開園まで、ここでリッキー君とKちゃんを遊ばせます。

汗ばむような良いお天気です。広い芝生の公園の木陰に入り、つい、うとうとしてしまいました。

うちなーファームの入り口の前には、おもちゃ屋さんやお土産やさんが並んでいます。

子供は親の懐も考えず、あれが欲しい、これが欲しいと、おねだりするのです。

もう一度うちなーファームに行くと、今度は入園出来ました。

うちなーファームは、広さ84,000坪で、東京ドームの約6個分だそうです。

風のない、照りつけるような強い日差しで、女性は日焼けが気になるようなお天気です。

大きな温室があるので、一人で温室の方に行ってみました。

温室の中には、亜熱帯性植物が植えられています。

バナナもその一つです。

淡路市にも、巨大な温室があります。

それに比べると、うちなーファームの温室は見劣りします。

温室を出て、リッキー君達がいる方向を探していると、リッキー君達は、園内を無料で一周する乗り物に乗っていました。

うちなーファームの中には、動物を飼っている場所もあります。

リッキー君を連れて、そちらの方に行ってみます。

巨大温室の続きの棟に小動物達が飼われている施設がありました。

キャベツを刻んで紙コップに入れている動物用のエサは、200円で売られています。

キャベツ一つでも200円もしないのに、一つのキャベツで、紙コップ100個分ほど作れそうな動物のエサが200円とは驚いてしまいます。

ミーアキャットが首輪を付けられ、子供達に触られていました。

これが、チケットに書いてある、”ふれる沖縄”です。

動物たちが野外に出ないように柵があり、柵の扉を開けて中に入ると、もっともっと違った動物たちと触れ合う事ができます。

リクガメの食事は、囲いを作った中で、野菜中心のエサをもらっていました。

なぜ、臨時の柵ができているのか、わかりました。

リクガメのエサを狙って、他のヤギや、小動物達が、エサを奪いに来るからです。

こんな大きな温室があったらいいなぁと思います。

温室を子供の遊び場に変える事が出来ます。

紙コップ入りの1個200円の動物のエサは、瞬く間に動物たちに食べられてしまいます。

これでは、一緒に来ている財布を持っている保護者はたまりません。

子供達はエサをやりたがるので、200円はすぐに消えてしまいます。

2015年12月30日(水)

コメントを残す