インディアンの虐殺と、奴隷を使った西部開拓物語は、米国映画から消えてしまいました。

イオンモール沖縄ライカムの、ステーキの店HAN’S(ハンズ)のTボーンステーキ450gは3186円です。 社長ブログ神戸/沖縄リゾート生活/グルメ ステーキ 第155回沖縄訪問(13)

イオンの新しくオープンした商業施設イオンモール沖縄ライカムに行って、昼食を頂く事になりました。

松葉博雄と片山正喜さんは前回の沖縄訪問の時にライカムに来ていますが、奧さんは初めてです。

店舗の正面入り口の脇に、沖縄の代表的な植物をコンパクトにまとめた小さな庭があり、こんな庭を神戸で造りたいなぁと思って、じっくり見ています。

問題は気温です。5月~10月までなら、沖縄の植物も神戸で野外で育ちます。

問題は11月から4月迄の寒さ対策です。

イオンモール沖縄ライカムは、中央部分に天井まで吹き抜けの大きな空間があります。

この吹き抜けを囲む様に、四方に店舗が作られています。

何を食べようかと考えると、やはりステーキです。

またステーキ?と言われても、ステーキです。

イオンモール沖縄ライカムはステーキのお店が何軒もあり、同じ商業施設の中で競争関係になり、しのぎを削り合っています。

その中で入ったお店は、「HAN’S(ハンズ)」 沖縄ライカム店です。

セットメニューを選べば、サラダや飲み物はバイキング方式の自由な選択ができます。

松葉博雄は、450gの1ポンドのTボーンです。

ティーボーンというのは、切ったお肉の中にT字型の骨があるからです。

バイキングの中にカレーもあったので、これも頂きます。

お店の壁や空間には、昔見たジョン・ウェィンが主演していた西部劇を思い出すようなライフル銃が展示されてきます。

そういえば最近のアメリカ映画では、インディアンを悪人にして追い詰めて撃ち殺すような、アメリカ人を中心とする勧善懲悪的なストーリーの映画は影を潜めています。

さすがにアメリカも、インディアンの虐殺や奴隷を使った西部開拓の話は、もう歴史の向こうに隠しておきたくなったのでしょうか?

神戸肉で1ポンド450gならたいそうなお値段ですが、ハンズライカム店の1ポンドならわずか3186円です。

安いには訳があり、高いのも訳があります。

その訳は、食べてみると分かるお肉の柔らかさ、味です。

2015年10月4日(日)

コメントを残す