玄米豆乳ヨーグルト、パパイヤ茶が身体に良いのです。

玄米豆乳ヨーグルトの種菌作りに玄米を、パパイヤ茶の元にパパイヤの葉を頂きました。社長ブログ神戸/沖縄恩納村リゾート生活/玄米豆乳ヨーグルト作り 第155回沖縄訪問(12)

前兼久の金城正浩さんのお家に、神戸からのお土産を届けに行きました。

金城正浩さんは畑に仕事に出て留守でしたが、奧さんの金城初子さんにお土産を渡して、少し世間話をしておいとましました。

次は、金城正則さんと金城千賀子さんのお家に神戸のお土産を持って訪問です。

金城千賀子さんは、毎日正確に血圧を測定し記録しているようなので、松葉博雄も血圧計をお借りして測定してみました。

測定の結果は驚くほどの低い数値で、上が110程度です。

これには皆さん驚いて、これほどいい数値なら何も心配ないという話しになりました。

次は、恩納村前兼久から離れて、宇堅に住んでいる片山正喜さんのお家に神戸のお土産を届けます。

片山正喜さんのお庭は、昨年の度重なる大型台風の被害から少しずつ回復してきています。

庭のバナナの枝にも、この冬収獲し出来そうな冬バナナの房がついて、この先が楽しみです。

片山正喜さんのお家の前には、沖縄電力の宇堅発電所があります。

近くに発電所があると電気代はご近所価格で割引になるのかと尋ねてみると、全く近隣サービスの値段はないそうです。

今、片山正喜さんがこっているのは、豆乳を使ったヨーグルト作りです。

豆乳ヨーグルトで身体を調え、百歳を越えるほどの仙人のような生活を目指しているようです。

この話にうちの奧さんは同調して、玄米と豆乳を使った豆乳ヨーグルト作りの秘伝を伝授してもらっています。

物は試しで、片山正喜さんが作った、豆乳ヨーグルトを少し頂いてみました。

豆腐のような淡泊な味で、これでは美味しさが足らないので果物と一緒に頂き、蜂蜜を加えると、美味しくなるようです。

玄米豆乳ヨーグルトの種菌を作るには、玄米が必要です。

この種菌の元となる玄米を、片山正喜さんから一瓶頂きました。

これを元にして、神戸で玄米豆乳ヨーグルトを作ろうとしています。

まるでオリンピック聖火の、火種を分けてもらう儀式のようです。

このような方法は、ぬか漬けにもあります。

金城家に松葉家のぬか漬けの種ぬかを持って行き、金城家ではそれをぬか床の元として、長年キュウリ、茄子、キャベツなどを漬け物にしていたそうです。

金城正則さんから聞いたパパイヤ茶を神戸で作る為に、片山正喜さんにお願いして、庭にあるパパイヤの葉をなるべく新鮮な、若い葉っぱを何枚も収獲して頂きました。

高齢者になると、これまでのような無計画な身体の労り方では先が続きません。

健康に良いと言われる食べ物や、薬草などを積極的に採り入れていきます。

2015年10月4日(日)

コメントを残す