うんな祭の花火は、4000発です。

恩納村の花火の予算は、4000発で600万円です。 第155回沖縄訪問(10) 社長ブログ神戸/沖縄恩納村リゾート生活/うんな祭花火2015

消費者金融アコムが経営する、ホテルモントレ沖縄の方向に、重苦しい雲がかかっています。

あの雲がこちらにやって来れば、大雨が降るかも知れません。

雨が気になるのは、今夜恩納村祭の花火大会があるからです。

もし雨が降れば、花火大会は中止になります。

残波岬の見える西の方向は、やや明かるさが見えて、これなら雨は降らないように思えます。

花火大会には、片山正喜さんも一緒にホテルのベランダから見てもらいます。

イオンで買ったのは、片山正喜さん一押しの田舎きつね寿司(いなり寿司)です。

8時になると、辺りはすっかり暗くなり、前兼久漁港から花火が打ち上げられました。

ポスターには、4000発の花火が打ち上げられると掲載していました。

花火の数は数え方があります。4000発というのは、本当に一つ一つの花火が4000回打ち上げられるわけではありません。

花火の打ち上げ発数の数え方は、 3寸玉を基準に一寸ごと二乗し、数えます。

3寸= 1発 、 4寸= 2発 、5寸= 4発 、 1尺=128発 ・・・ と換算します。

ということは、目に見えてるひとつが1発ではありません。ちなみに、 10号玉=6万円(1尺玉 約30cm)で、20号玉で、55万円です。

今夜の、恩納祭花火大会の予算は、600万円だそうです。

ホテルのベランダから、前兼久漁港はすぐ側で、高層階なので、花火の打ち上がる高さを、水平方向で見る事が出来ました。

音も、お腹に響くような大音響で、やはり花火は音が聞こえると、迫力が違います。

花火の終わった後、金城家からご案内があり、花火大会に合わせて庭でバーベキューをしたそうで、その炭焼きのお肉を頂きました。

金城正則さん、金城千賀子さんと共通の話と言えば、血糖値、尿酸値、血圧値です。

金城正則さんはパパイヤ茶を飲み始め、お酒の飲み過ぎによる血糖値がすっかり治まったそうです。

それを聞けば、一時期飲んでたパパイヤ茶を、また作ろうかなと気持ちが傾いてきました。

2015年10月3日(月)

コメントを残す