座喜味城跡にて 社長ブログ神戸

座喜味城は、読谷山の按司護佐丸(あじごさまる)が、15世紀初頭に造った最高傑作です。社長ブログ神戸/沖縄恩納村/座喜味城跡 第155回沖縄訪問(6)

座喜味城(ざきみぐすく)跡に来ています。

気温は30℃で、耳に聞こえるのはセミの声です。

芭蕉の句に、『夏草や兵どもが夢の跡』という句があります。

この座喜味城跡にも、昔、この城を巡って地域の豪族達が戦っただろうと、思いが巡ります。

お城の入り口の脇に、高倉が二棟建っています。

床を高くして、ネズミが侵入してくるのを、防いでいたようです。

片山正喜さんが感心していることは、沖縄の本島では、松食い虫が松を枯らして、各地の松は緑を失っていますが、この座喜味城跡の松林は、まだ松食い虫の被害にあっていないようです。

座喜味城は名築城家として名高い読谷山の按司護佐丸(あじごさまる)が、15世紀初頭に造った最高傑作です。

名将であり名築城家とも呼ばれた護佐丸は、今帰仁城の看守を任されていた時に見た今帰仁城の軍事的要塞としての機能や構造を参考にして、ゼロから座喜味城を築城したといわれています。

座喜味城跡の保存が良好なのは、護佐丸がいた18年余りの間一度も戦をすることがなかったためだといわれています。

城門のアーチに楔石を用いており、アーチ門では古い形態とされている様です。

沖縄戦では日本軍の砲台や、戦後には米軍のレーダー基地が置かれたため城壁が一部壊れてしまったそうですが、今は一部復元されています。

座喜味城跡は世界遺産に登録されていますが、他の城と違って入場料は無料です。

その上、城壁に登ることが許可されています。

城からの景色は絶景で、残波岬、恩納村の海岸、遠くは那覇市や慶良間まで見ることができます。

お城の頂上部分に、これから先は、「いっちぇーならんど~」と、進入禁止の立て札が立っていました。

でも、それほど危険な様子はないので、もう少し前進してみます。

これ以上前に出ると、石垣はここで終わって、この先は石垣の下です。

石垣は、キレイな曲線を描いて、内地のお城とは、やや曲線の具合が違っています。

内地の石垣は、上に上がると反り返しの勾配になっていて、いわゆる武者返しと言われる曲線がありますが、沖縄のお城には、武者返しの曲線はありません。

沖縄は、関ヶ原の戦いの後は、徳川幕府によって、九州の薩摩藩、島津氏の支配を受けるようになりました。

この後からは、沖縄の兵士には、武器を持つことは禁止され、武器の代わりに、空手や棒術が発展していきます。

2015年10月3日(土)

コメントを残す