道頓堀今井のうどんが朝食です。社長ブログ神戸

青の洞窟を売り物にするダイビング店は、過当競争、低価格競争で、厳しい経営状況のようです。社長ブログ神戸/沖縄恩納村リゾート生活/前兼久 第155回沖縄訪問(4)

恩納村前兼久のムーンビーチホテルの沖には、今日も珊瑚礁に白波が立っています。

あの波は遠くから見ると、静かで音も聞こえず波の強さも感じませんが、近づくと珊瑚礁に打ち寄せる波は、轟音を伴って、そこに立っていれば押し流されるほどの強さです。

今日は青の洞窟に向かって、ダイビングやシュノーケリングのお客さんが多いかどうかは、前兼久漁港の船の出入りを見ていると分かります。

真下に見えるのは、お正月にお詣りに行く鎮守の森です。

ホテルモントレ沖縄の、巨大な壁のような建物がなければ、向こうの方には伊江島が見える方向です。

今朝はゆっくり起きて、少しばかり昨夜のお酒が頭をぼんやりさせています。

奧さんが作ってくれる朝食は、道頓堀今井のうどんです。

この道頓堀の今井のうどんはなかなかの味で、以前に次女の友達から頂いたことがあります。

中に入れる卵は、淡路島で買ってきた跳ね卵です。

テーブルコンロにアルミ鍋を置き、一緒についていた出汁を入れ、出汁と同量の水を加えて、味を薄めます。

うどんのパックに書いている、マニュアル通りの作り方で進んでいます。

具材はすべて揃っているので、追加したのは卵とワカメです。

うどんが煮え立つまで、テラスに出て向こうの方の残波岬を見ていると、今朝の見通しは視界が良くて、残波ロイヤルホテルまでが見えます。

海はやや波が高いようで、レジャー-ボートの姿が見えません。

前兼久の新しい公民館の工事がはっきり見えます。

グランドの一部をフェンスで囲って、工事が進められています。

工事中は、前兼久地区の皆さんが楽しんでいたゲートボールはお預けのようです。

望遠鏡で沖を見てみると、珊瑚礁の手前でシュノーケリングを楽しんでいるグループを発見しました。

三隻の船でシュノーケリングをしているのはかなりの人数です。

前兼久漁港は本来は漁港ですが、観光用の船や、アクアラング、シュノーケルの専門店は、前兼久漁港の恩恵を大きく受けています。

前兼久漁港の敷地や、水道設備、休憩設備などは、無料使用のようです。

道頓堀今井のうどんが出来上がりました。スープも、素晴らしい味です。

一人前のうどんを松葉博雄と奧さんの二人で頂いて、ちょうどいい加減な適量でした。

2015年10月3日(土)

コメントを残す