北谷の東洋飯店で、金城家のお祝いです。社長ブログ/社長の生活/沖縄ブログ

猪や豚の置物を見て男の子がしたがる事は、どんな事でしょうか? 社長ブログ/社長の生活/沖縄ブログ 第154回沖縄訪問(10)

金城正則さんと千賀子さんの、初の男の子の孫(金城正人さんの長男)ハウラ君の満1歳の誕生祝いです。

沖縄では、内地より男系社会の文化が強く、男の子が生まれると、門中で積極的にお祝いをします。

今日のお祝いの場所は、以前に利用したことのある東洋飯店です。

2014年4月に、金城家の皆さんのお祝いを、東洋飯店でしました。

今夜の東洋飯店は、以前とは大きく違っています。移転、改装して新しくなっています。

ハウラ君は、今夜の主役です。といっても、まだ主役のご挨拶は出来ません。

金城家には、また次のおめでたが続きます。

そこで、次の赤ちゃんは男の子か女の子か、

皆さんの予想を尋ねてみると、女の子4人、男の子3人という結果になりました。

東洋飯店は、広く、キレイなお店に変わりました。

ハウラ君の取り合いです。一番側に置いて抱きたがっているのは、金城正則さんです。

オリオンビールを飲んでいると、お腹が膨らんで中華料理が食べられません。

そこで、満腹感の少ない泡盛に切替です。

松葉博雄も、オリオンビールのジョッキを3杯飲んだ後は、泡盛に切り替えて、金城正則さんと、おめでたが続いていいですねと、お祝いのお酒を何杯も交わしました。

お酒を飲めない人達もいるので、焼き飯を早めに出してもらいました。

次から次へと出てくるコース料理に、もう見ているだけでギブアップです。

孫は、ハウラ君の側に寄って何か世話をしたがっていますが、

まだなかなかハウラ君の食事のお手伝いが出来ず、なんだかもどかしい様子です。

スープが出てくると、そろそろコース料理の終わりになります。

ハウラ君は何度も松葉博雄と会っているので少しずつ慣れてきてくれたのか、

嫌がらず笑顔で近づいてくれます。

今日の孫は、沖縄風のかりゆしウェアです。

 

これが最後のメニューで、フルーツとお饅頭です。

そうとうお料理が食べきれずに残ってしまいました。

でも安心です。東洋飯店では、残ったお料理は全て持ち帰り用に用意してくれます。

孫ははしゃいでいます。

東洋飯店の入り口に大きい置物があって、それにまたがって楽しんでいます。

この構図、どこかで過去にありました。

そうです。松葉博雄の長男が篠山にボタン鍋を食べに行った時、

お店の猪の剥製(はくせい)にまたがっていた事を思い出しました。

やはり男の子はする事が似ています。

女の子は、なかなかイノシシや豚の置物にまたがったりはしません。

この構図は、金太郎さんが足柄山で熊の背に乗り、お馬の稽古をした事が源流です。

 

2015年8月13日(木)

コメントを残す