初めてのシュノーケリングは、南恩納ポイントです。孫はやる気満々です。社長ブログ/神戸/恩納村ブログ/孫ブログ

恩納村ふれあい体験学習センターで、恩納村議会の糸数昭議員、山城良一議員と、偶然出会いました。社長ブログ/神戸/恩納村ブログ/孫ブログ  第154回沖縄訪問(2)

シュノーケリングをする前に必要な道具を、石川の駅(ホームセンタータバタ石川店)で調達します。

タバタでつい行きたくなるのが、植木や苗を売っている園芸部門です。

ここで買ったのは、黄色い花が咲く「アリアケカズラ」です。

2階のスポーツ用品売り場で片山正喜さんと合流します。

片山正喜さんに、シュノーケリング道具を選んでもらいます。

マスクを顔にあてて実際に空気が漏れないか確認して、顔のサイズにあったシュノーケルのセットを決めました。

あれやこれや他の物を探している間、孫はお店のハンモックの見本にちゃっかり乗って、ユラユラさせて楽しんでいました。

タバタで道具が揃うと、大人5名を引き連れて、孫の初めての海でのシュノーケリングをする場所に行きます。

片山正喜さんが選んだ場所は、前回7月に下見をした南恩納ポイントです。

海のすぐ側に、「ふれあい体験学習センター」があります。

ここによってみると、恩納村村会議員の皆さんが、今日はここで研修を受ける為、集まっていました。顔見知りなのは、糸数昭さんと、山城良一さんです。

海岸の近くまで車で行き、そこから海水浴の道具を大人5人が分担して運びます。

孫は、こんなにはいらないのじゃないか・・・と思えるほど沢山の遊び道具を、大人達に運んでもらっていました。

南恩納ポイントは、ただいま干潮です。

照りつける太陽に砂浜が裸足で歩けないほどの暑さで、フライパンの上を歩くような感じです。

少しでも日陰を探し、場所を確保してテントを張ります。

松葉博雄の奧さんは、子どものおもり役で、海には入りません。

日陰で皆さんが海で遊ぶ間、お留守番です。

日陰に入っても、照り返しの熱波で日焼けしそうです。

タバタで買ってきた子供用のイスが早速役に立ちました。

孫の妹大人達が海に行く準備をしているのをじっと見ています。

この後両親やお兄ちゃんが海に入って行き、まさか自分が取り残されるとは知らず、今の所ご機嫌です。

2015年8月12(水)

コメントを残す