社長ブログの沖縄ブログで、恩納村の再生珊瑚(サンゴ)を、ご紹介します。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

沖縄ブログのサンゴの記事です。町中の、恩納村の海にも、テーブル珊瑚が見られました。みんなで保護しましょう。第153回沖縄訪問(4)

社長ブログの沖縄ブログです。

恩納ポイントで、リーフの際まで行ったところでシュノーケリングすると、

こんなにキレイな珊瑚が復活しています。珊瑚が少しづつ伸びてくると嬉しくなります。

この辺りは、外洋から新鮮な海水が入ってくるので、サンゴが成長しやすい場所です。

珊瑚が再生すれば、そこに小魚が集まってきて、魚の楽園ができます。

そうすると、すぐ近くで熱帯魚が見れる場所になります。

これからの珊瑚再生に期待して、新しく芽生えた珊瑚は踏んではダメです。

テーブル珊瑚の上に立ってはダメです。手を出して触れてもダメです。

岩のように硬い珊瑚もあれば、枝珊瑚は、柔らかく、もろく、折れやすく、

ちょっとした事ですぐに壊れてしまいます。

アジサシが岩の上に留まっています。じっと周りを見て、飛び立とうとはしていません。

何か理由があるようです。

普段潮が満ちていると、渡れない対岸の島は、今は歩いて渡れました。

土地の人の話では、この無人島の奥に行かないように言われています。

ハブがたくさん居るからです。

アジサシがじっとしている理由が分かりました。

岩場の一つに、コロニーを作っていました。

アジサシのコロニーには、たくさんのアジサシが集まっていて、巣があるようです。

不思議な形の岩です。僅か、小さな岩によって、大きな岩が倒れないように支えられています。

一泳ぎした後は、松葉博雄が今朝作ったタコ飯のおにぎりを頂きます。

片山正喜さんに、一番大きいおにぎりをひとつ持って帰ってもらいました。

浜辺で座り込んで、片山正喜さんと2人でタコ飯を頂いていると、

沖縄の恩納村の、のびのびとした柔らかい空気に触れている事を、ひしひしと感じます。

周りには、自然のキレイな花が、あちらにもこちらにも咲いていて、

今日は風のない日ですが、冬の強い北風に堪えた、今日の日を迎えた喜びでいっぱいのように感じます。

近くの「ふれあい 体験学習センター」で、

水道水を借りて、身体に付いた塩水を洗い落とすと、さっぱりしました。

沖縄の各地には、補助金で建てられたコミュニティーセンターが、あちらこちらにあります。

神戸にも、三ノ宮にも、こんなに充実したコミュニティーセンターがあれば、皆さんが潤う事と思いますが、街と地方では、このような公共施設には大きな違いがあります。

2015年7月3日(金)


←前へ:第153回沖縄(3)

→次へ:第153回沖縄(5)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください