人の気持ちは移ろいやすく、あれが一番と思っていたのに、別の物が一番になっています。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

バナナ、パパイヤ、ヘゴヤシの小さい苗を探しています。飛行機で運べるくらいの小さい苗を探しています。 第152回沖縄訪問(20)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

沖縄の亜熱帯植物を、神戸で育てたいと思い、飛行機で持ち帰りできる、苗のサイズを探しています。希望しているのは、バナナ、パパイヤ、ヘゴヤシ、トックリヤシなどです。

メイクマン名護店で、亜熱帯植物の苗を探してみます。苗が売られているのは、僅かな期間なので、その時に売られていればラッキーですが、いつでも亜熱帯植物の苗を販売しているわけではありません。

今回は、メイクマンで苗は入手できず、期待はずれになりました。

次は、沖縄そばの店『玉家ジュニア名護店』に行きます。2015年3月にも、来ています。

これまで、名護のきしもとが、一番上等と思っていましたが、玉家ジュニアの沖縄そばを食べてからは、きしもとより、こちらの方が上等と思うようになりました。

ご自由にどうぞ、とトッピングに置かれているのは、フーチバーです。フーチバーは、沖縄よもぎです。

独特の香りがするので、沖縄では、ジューシー(炊きこみご飯)や、肉料理の臭み消しに、フーチバーが使われます。

まことに人の心は移ろいやすいもので、これまで『きしもと』が一番だと思っていたのに、今では『玉家ジュニア』の方が一番だと思っています。

これはあの人が一番だと思っていても、新しい魅力の人が現れると、ついつい心変わりをして、この人の方が一番と、多くの人が思うことと同じです。

沖縄の亜熱帯植物の苗の入手が諦められず、もう一軒とお願いして、まるで、飲み会のはしご酒のように、次のお店に行きます。

次の店は、石川の駅 めんそーれです。ここには、2012年3月にも、園芸用品を見に来ています。

沢山ある中で、欲しい物は決まっています。これだけ沢山あっても、欲しい物は決まっています。

まるで意中の人を探すように、他の人には目もくれないように、目指すは、バナナ、パパイヤ、ヘゴヤシの小さい苗です。

またしても見つかりません。大勢の集まるお見合いパーティーで、良い人が見つからないのと同じように、沢山の苗があっても、欲しい苗は見つかりません。

帰り、片山正喜さんに、ホテルの部屋に上がってもらって、一緒にお茶を飲みました。

片山正喜さんはコーヒーで、松葉博雄はビールです。

本部で買ってきた、鮪のお刺身を頂きます。神戸で買うより、うんっと値段が安いのに驚きます。

この後、一服すると今度は、金城正則さんからのお誘いです。

金城正則さんが車でホテルまで迎えに来てくれました。金城千賀子さんも一緒です。

奥さんが心配するのは、沖縄に来ると、ビールを飲み過ぎることです。缶ビールを、5杯も10杯も飲んでいると、普段とは違うペースで飲んでいる事が、心配のようです。

2015年4月13日(月)

コメントを残す