ペリー提督は、沖縄に上陸し、中城城、恩納村などを詳細に調査しています。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

太平洋戦争の時、もし、日本軍が中城城を陣地にしていれば、中城城は空から海から爆撃され、今の中城城の城跡は残っていません。 第152回沖縄訪問(8)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

中城城跡を、ボランティアのガイドさんが説明する話を聞きながら、旅行のグループ参加社でもないのに、グループについてずっと歩いてきています。

所々で立ち止まっては、人数を確認しているので、バスガイドさんは三人増えたことに気がついています。

でも、何も言われませんでした。

太平洋戦争の沖縄戦では、中城城はアメリカ軍から攻撃されていません。それは、この城に日本兵が立てこもっていなかったからです。

もし中城城を、日本軍が陣地として使っていれば、アメリカ軍は空からの爆弾、海からの艦砲射撃で、中城城は、徹底的に破壊されていたかもしれません。

お城の途中には、文化財として、調査発掘中の場所もありました。中城城の構造についてまだまだ、分からない事が多いようです。

本土のお城の石垣は、表面に築石、その奥に1~数メートル程の裏込石材が詰め込まれ、裏込より後ろは土が盛られるという工法が一般的です。

それに対し、沖縄のグスクの城壁は石塁となっており、内部に土は入っておらず、全てが裏込石材となっています。

そのためグスクの城壁内部は、雨水が抜けやすく、長雨が続いてもほとんど崩れることはありません。沖縄では地震も少ない事もあり、城壁に生える樹木の管理さえしっかりしておけば、長い年月城壁を維持することができます。

しかし、 西側城壁と拱門は築造から長い年月が経っており、石積みが緩んで崩落する危険性が高かったため、平成23年に石積みを解体し、平成25年度に北側のみ積み直したそうです。

南側の修復は、平成26年度に周辺の発掘調査をした後に行う予定です。

中城の歴史は、辿ると14世紀中頃にまで遡るのですから、いくら元々の造りが、本土の石垣より耐久性が高くても、やはり老朽化が進んでいるようです。

ここに幕末のころ、ペリーの艦隊がやってきて、城の状況を描いた絵図や、測量図面等を残したそうです。

ペリーの艦隊の目的は、日本に開国を求めることでしたが、沖縄では、船の燃料となる石炭が沖縄に出るかどうかを調査しています。

江戸幕府に開国を迫る前に、ペリー艦隊は、沖縄に上陸して、沖縄各地を調査しています。恩納村の博物館には、ペリー艦隊が恩納村に来た事を、資料で掲げています。

写真がなかった時代なので、ペリーの艦隊には、画家がいて、各地を写生して、幕末の頃の沖縄の状態が詳しく描かれ、今となっては貴重な、当時を知る資料になっています。

上の写真は、ペリーの艦隊にいた、画家が描いた中城城の正門で、図で言うと、①になります。

お城から出て、外をまわっています。岩をくりぬいて、鍛冶工房を作っています。

カンジャーガマ(鍛冶屋跡)

15世紀の琉球王朝の按司である護佐丸が、阿麻和利と抗戦するために武器を作っていたという説もありますが、実際このカンジャーガマがどのように使われていたのかは、分かっていません。

そうすると、砂鉄はどうしたのでしょうか?沖縄には、鉄が出ません。貿易で調達したのでしょうか?

向こうの方に見える、高層階の櫓は、実は1970年頃計画されていた、中城高原ホテルの廃墟です。計画はしたものの、ホテルは建設できませんでした。工事の途中の状態でとまっています。

芝生の隅に、月桃(ゲットウ)の草むらがあります。月桃は、草の葉が匂いが良いので、沖縄では、お餅をゲットウの葉で包んでいます。

中城城をまわる、順序が違っていたので、最初の正門の所に来たあとは、正門の近くには世界遺産の記念碑を見つけました。

中城城跡は、世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群) / 国指定史跡 / 日本100名城 に指定されています。

色々回った後、お城の周りを歩いて帰ります。お城の周りは樹木が多く、散歩するには素晴らしい所です。

神戸なら5月に見頃を迎える、アヤメが石垣の下に咲いていました。沖縄の樹木が茂る中で、アヤメは、内地でも、初夏に咲く美しい花で、中城城で見ると、ここも日本のお城の一つだなぁと思いました。

2015年4月11日(土)

コメントを残す