長浜よしみ後援会会長の金城重治さんと、美原ゴルフレッスン場で出会いました。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

仲泊郵便局で出会った、冨着信常さんに、採れ立てアーサーをいただきました。 第151回沖縄訪問(30)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

沖縄恩納村前兼久の朝ご飯は、起きたときには、奥さんがご飯を作ってくれていました。

外は、ややくもりで、快晴ではありません。

荷造りして、神戸に送る植物を、郵便局に持っていき、ここから発送です。

郵便局で偶然、冨着信常さんと出会いました。最近は、前兼久漁港の朝日会で会うことは少なく、久しぶりです。

2005年12月には、冨着信常さんのお家に、孫の風流(かざる)君のお食い初めのお祝いに、行ったことがあります。

冨着信常さんに、朝日会のことを話すと、最近の朝日会は、面白くないので、行っていないと言われます。もっともです。

確かに、以前の朝日会と違って、最近の朝日会は、夜集まって飲むだけの会で、以前は、船に乗って海に出ていましたが、もう海に出る人も少なくなっています。

アーサーを沢山採っているから、持って帰りなさいと、勧めてくれました。

冨着信常さんは、太っ腹で、以前にも、もずくを一斗缶いっぱいに、神戸に送ってくれたことがあります。

郵便局で新聞を見ていると、八重山諸島でヤエヤマイシガメが、激減しているという記事がありました。

しかし、宮古島では、カメが増えすぎて、駆除しているようです。

不思議なものです。一方では、激減し、他方では、駆除するほど増えているのです。

郵便局から直接、冨着信常さんのお家に行って、アーサーをいただきました。

綺麗なアーサーです。アーサーの難しさは、海辺で摘んだアーサーには、細かい砂が付いていて、この砂を丹念に流し取らないと、アーサーを食べるときに、砂が口に入ってしまいます。

この後、昼食です。昼食は、美原ゴルフレッスン場の食堂に行きます。

沖縄の食堂の特長は、量が多く、価格が安いことです。

一品を選ぶと、ご飯と、汁物、もしくは小鉢のソバが付いています。

出てきたものを、全て食べていたら、数年のうちに、肥満体になってしまいます。

沖縄の人達は、肥満体の体型が多いように感じます。

その理由の中に、一回の食事量のボリュームの多さを感じます。

美原ゴルフレッスン場を見せてもらいました。

食堂と同じように、ゴルフレッスン場の値段も、安いのが特長です。3時間打ちっ放し放題で、メンバーだと1050円、ビジターでも1400円です。

全部は食べないようにして、もやし炒め定食をいただいています。

もやしなら、全部食べても、それほどカロリーは高くないのではないかと考えて、選びました。

奥さんの方は、丼物をいただいています。

というより、二人で、二つのメニューを分け合って、食べています。

おやっと思ったのが、知った人が、偶然に、美原ゴルフレッスン場の食堂に、入ってきました。

前兼久の、前恩納村漁業共同組合長 前沖縄県信用漁業協同組合連合会代表理事会長の、

金城重治さんです。

金城重治さんとは、顔なじみなので、話が弾みます。

最近、恩納村長選挙があって、村長が替わったことを話題にすると、金城重治さんは、このたび新しい恩納村村長に当選した、長浜よしみさんの、後援会の会長を務めているそうです。

前の村長の、志喜屋文康さんは、どうして落選したのですか?と尋ねると、二期で村長を辞任すると、公約していたのに、気が変わったのか、もう一期すると言い出して、それで、周りの信頼を得られなくなったそうです。

2015年3月4日(水)

コメントを残す