今帰仁村湧川小中学校の跡地を利用して、だいこんの花が、『あいあい手作りファーム』を経営しています。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

今帰仁村の湧川小中学校は、村のレストラン農家の食卓として、新たな観光資源になっています。 第151回沖縄訪問(25)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

今日の昼食の予定は、片山正喜さんの提案で、今帰仁村湧川の小中学校跡を利用した、今帰仁の里あいあい手づくりファームで、頂く事になりました。

今帰仁を、なきじんと読めるのは、沖縄の人です。内地の人が初めてこの字を見ても、今帰仁をナキジンとは読めません。

今帰仁の村は、ヤンバルの深い森の中にあり、北部のような立て込んだ住宅地ではありません。

家の庭には、バナナの木や、ヤシの木が茂っていて、いかにも亜熱帯気候の沖縄だなぁと羨ましく思います。

今日の今帰仁の里あいあいファームを、片山正喜さんが知ったのは、テレビの報道だそうです。

沖縄では、小学校と中学校が一つの学校にあるのが普通です。沖縄でも少子化が進み、かつての小中学校の統合が進み、その結果、廃校となる小中学校が各地にあります。

取り壊して、更地にするには勿体ない校舎もあります。それに着目して、今帰仁の湧川小中学校では、跡地を利用して、宿泊設備と、飲食設備を作りました。

経営は、だいこんの花です。

2009年6月には、 那覇の小禄(おろく)にある、だいこんの花小禄店に行った事があります。

村のレストラン 農家の食卓にようこそと、看板が出ていました。

小中学校の校舎を改造して、だいこんの花が経営する、村のレストランに入りました。

注文のシステムは、一品ごとの料理を注文するのも良し、バイキングを選ぶのも良し、一品とバイキングを重ねるのも良しです。

もちろん、ビールもあります。学校だからと言って、ビールが飲めないのかと思ったら、もう、湧川小中学校には、先生も生徒もいないのです。

だから、工場直送の美味しいビールが頂けるのです。

ここでも、やわらかステーキを選ぼうとしていると、奥さんからせっかくだから今帰仁の豚肉料理を食べなさいと、指令が出て、ステーキは見送りです。

代わりに、今帰仁パイナップル豚と自家製バジルの豚肉のレモンステーキです。

サラダのバイキングも選んだので、農家で作った無農薬有機肥料の野菜サラダを頂く事が出来ます。

豆腐が美味しいのです。野菜も新鮮なまだ青々とした野菜です。

あれやこれやを多品種少量で頂く事ができました。

ここで、お店の方にこんな上手な経営は、誰が行っているのかを尋ねて、この経営主体がだいこんの花であることを知りました。

野菜サラダを食べていると、しばらくして、豚肉の檸檬ステーキが焼き上がりました。

案内の方は、「あいあい手作りファーム」の古我知大さんです。

この仕事の前には、ホテル勤務の経験があるそうです。

今帰仁村湧川小中学校の雰囲気を残しながら、かなりのリフォームを行って、お手洗いなどは街の人が気に入るように、綺麗にしています。

野菜も良し、料理も良し、値段も良し、雰囲気も良し、接客も良しで、とても雰囲気の良い農家のレストランでした。近ければ、これからも時々訪ねたいレストランです。

2015年3月3日(火)

コメントを残す