玉家Jr.(たまやジュニア)名護店に行きました。 玉家の沖縄そばは、RBC琉球放送第2回沖縄そば王座決定戦 沖縄そば王だそうです。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

沖縄ソバの、玉家Jr.(たまやジュニア)名護店を、探して見つけました。 第151回沖縄訪問(17)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

沖縄ソバの玉家Jr.(たまやジュニア)名護店は、インターネットで調べると、名護市宇茂佐にあります。

そこで、この辺りと見当を付けて、玉家Jr.(たまやジュニア)名護店を探しました。

運転を仕事にしている松田光正さんが、なかなか玉家Jr.(たまやジュニア)名護店を探し当てられず、1時間近く、行ったり来たりして、何とかお店を見つけました。

玉家Jr.(たまやジュニア)名護店に入ると、有名人の写真が、何枚も貼られています。

お店の女性の方は、陽気な方です。1時間も迷ったと話すと、驚いていました。みんなすぐ分かるそうです。

確かに、分かれば、見つけやすい場所でした。何で迷ったのか、何で見つからなかったのか、不思議です。

沖縄ソバの注文方法は、サンプルがあって、サイズとしては、大盛りか、大か、小です。

麺は、細めんか、平めんです。決まったら、食券を自動販売機で買います。

これなら、レジの人手が要りません。

玉家Jr.(たまやジュニア)名護店の特徴は、沖縄ソバを全国に発送できることです。

もちろん、持ち帰りも出来ます。

奥の厨房を見てみると、忙しそうに、沖縄そばを用意しています。たまやは、チェーン店になっています。

那覇の本店から、沖縄ソバの出し汁が届くそうです。

玉家から、暖簾分けして、それでジュニアと付けたそうです。

松田光正さんは、沖縄ソバに全く関心が無いそうです。そのため、松田光正さんを車に残して、奥さんと二人だけで、沖縄そばを食べるわけにもいかず、持ち帰りにしました。

お金を先に支払って、神戸にも、発送の予約をしてきました。

ホテルに帰って、今晩の食事は、あり合わせのものです。もちろん、玉家Jr.(たまやジュニア)名護店で買った、沖縄そばもいただきます。

玉家Jr.(たまやジュニア)名護店の沖縄蕎麦は、スープが澄んでいます。

これまで食べた、どの有名な沖縄蕎麦の店より、美味しい沖縄そばでした。特に、豚肉の三枚肉や、骨付きソーキが、具材が大きくて、驚きます。

さすが、沖縄そばの人気ナンバーワンと言われるのも、本当だと思える味でした。

とうふようもいただきます。これは、ビールのお伴です。

沖縄の珍味と言われる果物は、パッションフルーツ、マンゴー、ドラゴンフルーツ等があります。

沖縄の珍味と言われる、海の幸はアイゴからつくるスクガラス、もずく、海ブドウなどがあります。

沖縄に151回来て、色々な沖縄の珍しいものを、いただきました。

甘いものが苦手なので、紅芋タルトだとか、サーターアンダギーのようなものは、あまり頂きませんが、とうふようのように、辛口の美味しいものは好きです。

2015年3月1日(日)

コメントを残す