高野山真言宗金峯寺 観音寺には鍾乳洞(ガマ)があります。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

上又毛公園には、フィリピン移民の父 大城孝藏之像があります。 第151回沖縄訪問(10)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

龍の蔵は、観音寺のすぐそばにあります。沖縄でお寺を見るのは珍しいのです。

高野山真言宗金峯寺が観音寺です。ここにも、以前きています。

鍾乳洞がこの観音寺の境内にあるので、覗いてみます。

観音寺の入り口から、正面に本堂が見えて、お寺の境内は、そんなに広くありません。

もし、内地のように広い境内であれば、沖縄の気候であれば、原始林のような樹木が成長するはずです。中でも、ガジュマロの木は、200~300年の古木になると、とても風格があります。

本堂でご挨拶をして、その右側にある鍾乳洞にいってみます。

鍾乳洞内でのお願いの看板がありました。

ゴミを捨てない、飲食禁止、線香やウチカビに火をつけて使用しない、お金を置かない、酒・米をこぼさない、観音寺と無関係の仏像を置かないで下さい。

などが書かれてあります。

雨の降った後の急な階段なので、滑ると大変です。奥さんと、松田光正さんを待たせているので、鍾乳洞の奥には入りません。

鍾乳洞の奥は、前の時の記事を読んで下さい。

観音寺の境内は、静かなものです。あまり参拝者もいなくて、雨上がりの澄んだ空気の中で、森林浴をしているようです。

沖縄では、お葬式には、内地のように沢山のお坊さんが来ません。お坊さんがいない時もあります。

お寺が少ないから、お葬式にお坊さんが来ないのか?、お葬式に呼ばれないからお寺が少ないのか? と考えてみると、思い出したのは、内地の場合は、江戸時代に寺請制度があったからです。

つまり、お寺が今の市役所や、区役所の戸籍係の役割を担っていたのです。沖縄にはこの寺請制度がなかったので、お寺は沢山ありません。

次に松田光正さんが案内してくれたのは、上又毛公園です。

この公園には、フィリピン移民の父 大城孝藏之像があります。大城孝蔵は、フィリピン移民、ダバオ開拓の功労者として知られています。

大城孝藏さんは、明治14年2月10日生まれ、沖縄県出身の東京帝大中退です。

明治37年沖縄県初のフィリピン移住民の監督としてルソン島にわたり、道路工事を完成させました。

のちミンダナオ島に移り、マニラ麻の栽培に成功しました。大正7年ダバオに日本人会を設立し、初代会長となっています。昭和10年10月30日死去、55歳でした。

展望台があるので、上がってみます。金武の街が広がっています。

市街地には住宅が広がり、あまり緑地がないように見えます。向こうに見えるのは金武湾です。

2015年3月1日(日)

コメントを残す