バイキング料理は、体重制か、年齢制か、料金格差をつけられないものでしょうか?社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

ホテル日航アリビラの、中国飲茶と言えば、金紗沙(キンシャサ)です。30種類もの点心があります。 第151回沖縄訪問(4)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

ホテル日光アリビラ中華料理 『金紗沙(キンシャサ)』から、電話が掛かってきました。やっと、席が空いたそうです。あら嬉しや、これでお昼ご飯が頂けると思うと、嬉しくなります。

金紗沙のお昼は、飲茶のバイキングです。

15分に一度ぐらいの間隔で、ワゴンを押して、各席を飲茶サービスが廻ってきます。

ワゴンが廻ってきたとき、お好みの飲茶を指名して頂く事ができます。

何しろ、バイキングは、食べ放題なので、多品種少量で望まないと、少品種多量になれば、あれも食べたい、これも食べたいというわけにはいきません。

まぁ、来るわ来るわ、次々に蒸したての飲茶が、ワゴンに乗せられてテーブルを廻ってきます。

最初は、あれも食べたい、これも食べたいと、意欲的な姿勢でしたが、ビールを呑みながらの飲茶なので、たちまちお腹からは、脳の指令を通して、ええ加減にしなさいという、メッセージのような、満腹感になってしまいます。

片山正喜さんと、松葉博雄の奥さんも、同じ事を考えています。それは、バイキングで支払っただけの満足感を得られるのは、高校生や大学生の時代で、年齢が高くなればとても元は取れないという考えです。

そこで、均一料金を改めて、年齢別料金とか、体重別料金にしたらどうかと、勝手なことをいいながら、美味しい飲茶を頂いています。

そもそも飲茶とはなんでしょうか? 飲茶は、中国広東省、香港、マカオを中心に行われている習慣です。中国茶を飲みながら点心を食べることです。だから、ビールを飲みながら点心を頂くのは、邪道なのです。

そこで、金紗沙では、中国茶の多くの種類を用意して、お茶の葉を選んで、熱湯でお茶を作り、そのお茶と一緒に点心を頂く事を勧めています。

選んだお茶はプーアール茶、ジャスミン茶、けいかウーロン茶などです。

お茶とビールが、両立します。片山正喜さんと奥さんは、ビールを飲まないので、いろいろお茶を楽しんでいます。

点心のほうも、変わった物に、しいたけ入りがありました。

30種類もの点心があり、全部頂くには、ワゴンが廻ってくるのを待たないと、頂けないので、時間が掛かりすぎます。

これだけたくさん頂いて、バイキング料金は大人2500円です。

朝ご飯を頂かなくて良かったという話になりました。周りをみると、観光客の方が中心です。

〆に、なにを頂きましょうか?やはり甘い物でしょう。と、話が決まり、ナタデココになりました。

最後の最後に、お粥も頂いてみたいなと、未練心が働き、点心とは別のバイキング料理の中で、お粥にトッピングとして、野菜や、ザーサイを乗せて頂きました。

先に入っていた人で、まだ残って食べている人もいます。これは、飲茶料理がおしゃべりをしながら、長い時間かけて、お茶と点心を楽しむように出来ているからです。

満腹感いっぱいの気持ちになって、金紗沙を出ます。

お店に入るときの急ぎ足は、出る時には、ゆっくり足になっています。なぜ、バイキング料理になれば、競争心が働くのかと考えながら、金紗沙を出ます。

ホテル日航アリビラの玄関は素敵な玄関です。こんな玄関がうちにもほしいと、奥さんに話すと、誰がこんな大きなお屋敷の玄関を掃除するのと、ちょっと希望を言っただけなのに、夢も希望も砕けてしまいます。

 

2015年2月28日(土)

コメントを残す